プレミアム焼酎の元祖?! 伊佐美を探す

プレミアム焼酎の元祖?! 伊佐美を探す

九州産の芋焼酎を中心に、2002年頃から始まった本格焼酎ブーム。その際に話題となり、今も人気なのが「プレミアム焼酎」と呼ばれる銘酒たちです。その中の1つ「伊佐美」は、プレミアム焼酎の元祖とも言われる銘酒。その特徴や入手方法を紹介します。

  • 更新日:

プレミアム焼酎とはどんな焼酎?

KPG Payless2/ Shutterstock.com

本格焼酎ブームの際、焼酎ファンをうならせる高いクオリティを持ち、かつ生産量の少なさによる入手の困難さもあって、「プレミアム焼酎」と珍重される銘柄がいくつか登場しました。

その代表格は、3Mと呼ばれる「森伊蔵」「魔王」「村尾」のほか、「百年の孤独」「佐藤」「伊佐美」などで、一時は1本数万円もの取引価格が付いたことも。今ではそこまで高騰していないものの、他の本格焼酎に比べれば高値で販売される場合が多く、生産本数も少ないので、なかなか手が出せない、入手しにくいプレミアム感は健在です。

伊佐美のおいしさ

Brent Hofacker/ Shutterstock.com

焼酎発祥の地・鹿児島県伊佐市にある1899年創業の甲斐商店。この老舗酒蔵でただ1つ作り続けているのが「伊佐美」です。焼酎ブームの以前から、芋焼酎ファンの間で大評判だった銘柄で、地元での入手も困難だったことから、プレミアム焼酎の“元祖”と呼ばれています。

鹿児島原産の焼酎用サツマイモ「コガネセンガン」を主原料に、麹は創業以来使用している黒麹。そこから生まれ落ちる滴は、サツマイモの甘さ、黒麹から生まれるコクとキレがバランスよくまとまりつつ、クセの少ないスッキリした味わい。まさに芋焼酎の王道、基本を貫いたスタイルです。

味わうならぜひお湯割りまたはロックで飲んでみてください。
お湯割りではサツマイモの香ばしさがより際立ち、ロックではトロリとした口当たり、口の中にゆっくり穏やかに広がるほのかな甘み、そしてなめらかな喉ごしがたのしめますよ。また、昨今人気のソーダ割りもおすすめです。少し贅沢な「プレミアム焼酎のソーダ割り」、ハレの日やご褒美の日に乾杯したい1杯ですね。

伊佐美を手に入れるには?

Pack-Shot/ Shutterstock.com

一部の焼酎専門店、あるいはネットショップで販売しているところもありますが、仕入れ、在庫状況が不確定なだけでなく、値段もバラバラ。確実かつ正規価格で入手するなら、製造元である甲斐商店に直接依頼するのがおすすめです。

甲斐商店では電話による「伊佐美」の直販を行っていますが、数量限定の商品のため、制限も設けています。

まず電話での受付日は、仕込みのある7月~10月以外の毎月上旬の1日のみ(該当日については甲斐商店に直接問合せを)。受付時間は午前9時~正午までの3時間。1回の電話で予約できるのは1本で、同じ名義・住所では3回かけて最大3本まで。商品は郵送のほか、甲斐商店で直接受け取ることも可能です。
甲斐商店(鹿児島県酒造組合内)の詳細はこちら

入手に時間がかかるようなら、まずは焼酎専門のBARや居酒屋などに赴き、プレミアム焼酎の元祖の味を堪能してみてはいかがでしょう。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識