イースターのお祝いに! 手軽にたのしめる「イースターオムライス」

イースターのお祝いに! 手軽にたのしめる「イースターオムライス」

子どもたちが大好きな料理の一つである、オムライス。「うさぎ」のモチーフを取り入れることで、カンタンにイースター(復活祭)にちなんだメニューが完成します!

  • 更新日:

野原でうさぎが飛び跳ねているような可愛らしい一品

2018年の「イースター」は4月1日。イエス・キリストの復活と春の訪れを祝う記念日で、生命の始まりを象徴する「卵」料理を食べたり、繁栄のシンボルといわれる「うさぎ」のアイテムを身につけたりして喜びを分かち合います。そんなお祝いの席にぴったりのレシピをご紹介します。

オムライスはふだんから食べることが多いメニューですが、ひと手間加えるだけで見た目がとってもキュートに。トマトケチャップでうさぎの顔を書いて、周りにベビーリーフなどの葉ものを添えれば、野原にいるうさぎが遊んでいるような、たのしげな雰囲気が演出できます。

日本ではまだあまり馴染みの薄いイベントですが、子どもと一緒に「イースターオムライス」を作って、復活祭をお祝いしてみてはいかがでしょうか。

このメニューに合うお酒は…
ビール、白ワイン、赤ワイン

<レシピ>
「イースターオムライス」

【材料】

ご飯…300g
ウインナーソーセージ…4本
たまねぎ…1/2個
ピーマン…1個
トマトケチャップ…大さじ4
塩…少々
こしょう…少々
卵…3個
サラダ油…大さじ1
トマトケチャップ…適量
ベビーリーフ…2袋
ミニトマト…6個

【作り方】
1.ウインナーは1cm幅、たまねぎ、ピーマンは1cm角に切る。
2.フライパンにサラダ油を熱し、ウインナー、たまねぎ、ピーマンの順に炒めて、火が通ったらトマトケチャップを加え、炒める。
3.温かいご飯を加え、ほぐしながら手早く炒め、塩、こしょうで味を整え取り出す。
4.ボウルに卵を溶き、塩、こしょうを加えておき、小さなフライパンにサラダ油を温めて薄焼き卵を6枚作る。
5.薄焼き卵で「3」を包み、形を整えて器に盛り付ける。ベビーリーフ、ミニトマトを添え、トマトケチャップでうさぎの顔を書く。

おすすめ情報

関連情報