ビールがお燗に!? ドイツで親しまれている「ホットビール」

ビールがお燗に!? ドイツで親しまれている「ホットビール」
出典 : Kirill Z/shutterstock.com

  • 更新日:

温めるだけで簡単、ビール選びが大切なポイント

寒い季節はお酒で身体を温めたくなりますよね。日本酒なら熱燗、焼酎ならお湯割りと日本のお酒は温めて飲むイメージがありますが、海外のお酒ではあまり聞きません。ところが、ビールの本場ドイツやベルギーでは、冬になるとビールを温めて飲む習慣があるとか。赤ワインに柑橘のフルーツやスパイスを加えて温める「グリューワイン」のビール版といったところでしょうか。冬の定番の飲み方のようです。

しかし、選ぶビールを間違えないことが大切なポイント。上面発酵タイプの、香りや味わいが濃く、どっしりとした風味が特徴的なエールタイプのビールを選びましょう。イギリスのスタウトやギネス、ペールエールのようなものがおすすめです。下面発酵タイプのピルスナーやラガーなど、国産の大手メーカーのビールのようなタイプではホップの苦味を強く感じてしまい、おいしく飲むことができないのでご注意を。

作り方は鍋に入れてふつふつとするまで火にかけたり、耐熱容器に入れて電子レンジで1分間ほど温めるだけなのでとても簡単。好みでシナモンやナツメグ、クローブ、生姜などのスパイスを入れたり、ハチミツを加えて甘さをだしたりしてもよいでしょう。スパイスの香りとともにコクとほろ苦さが心地よく広がり、身体の芯から温まります。ビール党の方には、ぜひこの冬一度試してもらいたいドリンクです。

liveostockimages/shutterstock.com
スパイスを加えると香りとともに身体を温める効果も

ライタープロフィール

阿部ちあき

日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会認定 きき酒師 日本酒・焼酎ナビゲーター公認講師
全日本ソムリエ連盟認定 ワインコーディネーター

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識