皮パリパリのごちそうおつまみ「チキンソテー」

皮パリパリのごちそうおつまみ「チキンソテー」

【カンタンおつまみレシピ】 パリパリの食感とジューシーな肉汁がおいしいチキンソテー。ごはんが進むメニューですが、その味わいはおつまみにもぴったりです。冷蔵庫に鶏もも肉があったらぜひチャレンジしてみましょう。ビール、日本酒、ワインに合わせるアレンジのコツも紹介します!

  • 更新日:

重しと焼き加減が決め手! チキンソテーをおいしく作るコツ

誰でもカンタンにできちゃう、皮がパリパリなチキンソテーの作り方を紹介します。特殊な道具も使わないので、鶏もも肉が1枚あったら、すぐに挑戦できますよ。作り慣れてきたら、「お酒に合わせたアレンジ」を参考に、オイルやスパイス、ハーブなどを工夫して、お酒に合わせた焼き方をたのしんでみましょう!

材料と作り方

【材料/1人分】

鶏もも肉…1枚(約200〜250g)
塩…小さじ1/2〜
ローズマリー…1〜2本 ※タイムやニンニク、お好みのスパイスでもOK!
オリーブオイル…大さじ1/2
レモン…適量、お好みで
クレソン…適量、お好みで

【作り方/15分】 

【1】鶏肉は肉の厚みのある部分に包丁を入れ、厚みを均一にする。

【2】肉と皮側の両面に塩をまぶし、まんべんなくすりこむ。

【3】ビニール袋に入れ、ローズマリー、オリーブオイルを加えて軽くもむ。空気を抜くようにして袋を閉じ、このまま20分ほどつけ置く。

【4】フライパンを中火に熱し、鶏肉を皮面から入れる(ローズマリーもいっしょに入れます)。皿や小鍋などちょっと重めのものを肉にのせ、中〜弱火にして6〜7分焼く。 ※肉になじんだオイルごと入れるので、フライパンに油はひきません。また、肉にはあまり触らず、じっくり焼いていきましょう。

【5】肉の周囲が半分ほどの高さまで色が変わってきたら、重しを外して肉を裏返し、さらに3〜4分焼いていく。

材料と作り方

このぐらい色が変わってきたら裏返しましょう。皮面と肉面を6:4~7:3程度の時間配分で焼いていくとちょうどよく焼き上がりますよ。

【6】焼き上がったら皿に盛り付け、お好みでレモンやクレソンを添えて出来上がり!

【アレンジ】

アレンジするなら、塩焼き鳥風の盛り付けを。パリパリに焼いた鶏肉を食べやすいサイズに切り、焼いた長ねぎ、柚子胡椒を添えるだけでカンタンにできちゃいます。

材料と作り方

日本酒にぴったりな塩焼き鳥風のアレンジ。

お酒に合わせたアレンジ

ビールに合わせるなら

オリーブオイル+バターを使い、丸ごとのニンニクをいっしょに焼いても。

日本酒に合わせるなら

サラダ油や太白ゴマ油などあまり風味の強くない油を使い、柚子胡椒やわさび、和辛子を添えましょう。

ワインに合わせるなら

オリーブオイルを使い、ローズマリーやタイムとともにマリネをして焼けば、風味よく焼き上がります。食べる際に粒マスタードやレモンを添えてもよいですね。

ライタープロフィール

野口英世

料理研究家・フードスタイリスト

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事