日本ビール検定(びあけん)予想問題!【2級 vol.6】問題編

日本ビール検定(びあけん)予想問題!【2級 vol.6】問題編

2021年6月と11月に実施される今年度の「日本ビール検定」(びあけん)。たのしいお酒.jp編集部の「ペールエール伊東」が、びあけんを受験する方の試験対策のため、予想問題を作成しました。ビールが好きな方は受験予定がなくても、ぜひチャレンジしてみてください。本試験で同じ問題が出題されるかも・・・

  • 更新日:

※日本ビール検定(びあけん)予想問題は「たのしいお酒.jp」編集部の独自コンテンツです

問1 数字の意味について

2021年にキリンビールから新発売された「SPRING VALLEY 豊潤<496>」の製品名にある、<496>は何を意味する数字か。正しいものを次の選択肢から選べ。

(a)製品開発のために試験醸造した回数
(b)1870年創業のスプリングバレーブルワリーの住所番地
(c)数字の完全数
(d)「SPRING VALLEY 豊潤」の色度数(SRM)

問2 ビールの歴史について

1994年におきた、ビール業界の大きな出来事は次のうちどれか。

(a)第3のビール(新ジャンル)の発売
(b) 地ビール解禁
(c)アサヒスーパードライの発売
(d)キリン一番搾りの発売

問3 ビールの副原料について

改正酒税法が2017年4月1日に施行され、2018年4月1日から、ビールは副原料に香味
料の使用が可能になったが、次に掲げる香味料のうち、ビールに香りまたは味をつけるた
めに使用できない香味料を一つ選びその番号を選べ。

(a)こしょう
(b)わかめ
(c)食塩
(d)

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

ビールの基礎知識