調味塩でバリエーションをたのしむおつまみ 「フライド大根」

調味塩でバリエーションをたのしむおつまみ 「フライド大根」

寒い季節にさまざまなメニューで活躍する、大根。少し残って使い道に困ったら、ぜひフライにしてみましょう。フライドポテトとは少し異なる食感やジューシーさがクセになりますよ。合わせるお酒によって、添える調味塩を変えてみるのもおすすめ。ぜひ一度チャレンジしてみてください。

  • 更新日:

このおつまみに合うお酒は…
ビール、日本酒、焼酎、ワイン、ハイボール

冬になると、おでんなどの鍋物や煮物などで大根を常備している人も多いのでは。そんな時、少し残った大根を使って、フライドポテトならぬ、フライド大根を作ってみませんか? ベーシックな「のり塩」味は、とりわけビールやサワーなどに合います! アレンジで紹介する「クミン塩」は白ワインやハイボールに、「七味塩」は日本酒と合わせるとおいしいですよ。素材がシンプルな分、調味塩でバリエーションを増やしていくのもたのしい冬のおつまみです。

【材料/2人分】
大根…5センチ(200g)
白だし…大さじ2
片栗粉…大さじ3〜4
揚げ油…適量
青のり…小さじ1
塩…小さじ1/4

【作り方/15分】
1.大根は皮をむいて、1センチ角の拍子木切り(スティック状)にする。ビニール袋に大根と白だしを入れ、軽くもんで10分ほど置く。
2.大根は汁気をしっかり切り、片栗粉をまぶす。
3.フライパンや鍋などに2、3センチほどの油を張り、170度に熱して、「2」を揚げる。
4.揚げ立ての状態に青のり、塩をふって出来上がり!

大根に白だしをしっかりなじませておきましょう。

【コツ・ポイント】
●大根自体にも水気が多いので、片栗粉をまぶす前にキッチンペーパーでしっかり水分をおさえておきましょう。また、揚げる際は積み重ならないよう、広げるようにして鍋に入れていくとよいですよ。
●アレンジするなら、クミン塩(クミンパウダー1:塩2)、七味塩(七味唐辛子1:塩2)をそれぞれ作り、揚げ立ての大根に添えてみて。さまざまな味付けをたのしめるのも魅力のおつまみです。

クミン塩や七味塩を添えて。調味塩の彩りも食欲をそそります。

ライタープロフィール

野口英世

料理研究家・フードスタイリスト

おすすめ情報

関連情報

ビールの基礎知識

イベント情報

姉妹サイト

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事