梅ジュースとは一線を画す!? ノンアルコール梅酒「百年零-ZERO-」が新発売

梅ジュースとは一線を画す!? ノンアルコール梅酒「百年零-ZERO-」が新発売

明利酒類(茨城県水戸市)から、世界最大の梅酒イベントで日本一を獲得した梅酒「百年梅酒」の味に極限まで近付けたノンアルコール飲料「百年零-ZERO-」の全国販売が開始されました。

  • 更新日:

ノンアルコールでも本格的な味わいを

「百年零-ZERO-」は、世界最大の梅酒イベントで日本一を獲得した梅酒「百年梅酒」の味に極限まで近付けたというノンアルコール飲料。

車の運転や妊娠などの理由でノンアルコールを手にする方だけでなく、ここ数年、レストランやバーにおいても、お酒を飲むことが前提ではなく、自分の自由な意思で、ノンアルコールも含めた中から飲み物を決める人が増えているようです。

そんな社会の変化を感じとった明利酒類が、「アルコールを飲む人達と同様に特別な瞬間を過ごして頂きたい」、「同様に手間暇をかけた本格的な飲み物を届けたい」という強い想いのもと、「百年梅酒」のノンアルコール飲料を開発する決意をしたといいます。

開発に丸二年。50回以上の試作を繰り返し社員全員が納得できる味へ

百年零-ZERO-

「ノンアルコールでも本格的な味わいを楽しみたい」という方々に向けて、「百年梅酒」の重厚感ある甘味・酸味をノンアルコールで再現するために、二年間に及ぶ開発期間を要したといいます。また、「百年零-ZERO-」の開発にあたっては、「百年梅酒」の味の秘訣である、梅の酸味と蜂蜜の甘味、ブランデーのコクの3つのバランスに着目。その味の柱というべき3つの方向性を分析し、アルコールを使わず組み直すという手法を採用しています。

そして、「百年梅酒」の味に近付けるために、原材料の選定やその組み合わせと比率の調整を行いながら、50回以上の試作を繰り返したとのこと。このような二年の試行錯誤を経て、“百年梅酒の名を冠してもいい”と、社員全員が納得できる味を完成させました。開発の過程で、アルコールを飲んだ時の高揚感や重厚感を出すために、苦味にも注目したことで、甘みと酸味と苦味の黄金比を究め、その仕上がりは梅ジュースとは一線を画すものになっているといいます。

こんな明利酒類の自信作“本格梅酒のノンアルコール飲料「百年零-ZERO-」”をぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

商品概要

商品名:ノンアルコールの百年梅酒 ”百年零-ZERO-”
内容量:500ml
種類:ノンアルコールテイスト飲料
メーカー希望小売価格:800円(税別)
発売開始日:2020年10月14日
購入場所:明利酒類のオンラインショップ、スーパーマーケット、酒屋等

明利酒類について

茨城県水戸市の老舗酒造。江戸時代末期の安政年間に現在地で創業した加藤酒造店が明利酒類の前身となっています。

蒸留酒、アルコールなどを製造しており、現在は清酒、焼酎、リキュール類(梅酒等)、発酵調味料などを造る総合酒類メーカーとなり、販路も全国へ広がっているほか世界に向けての輸出も手掛けています。

会社ホームページ

梅酒「百年梅酒」について

梅酒「百年梅酒」について

百年梅酒が日本一を獲得した“天下御免”の賞状(左)

第二回 天満天神梅酒大会で金賞を受賞した梅酒であり、明利酒類が大切に育ててきた最も重要なブランドの一つ。糖蜜とブランデーを使用し、長期熟成による濃厚な味わいが特徴となっています。

また百年梅酒を更に長期熟成させた「百年梅酒プレミアム」も、全国制覇利き酒大会、全国梅酒品評会ブランデー部門などでの優勝経験を誇ります。

おすすめ情報

関連情報

リキュールの基礎知識