火を使わないカンタンおつまみ「サバ缶オニスラ」

火を使わないカンタンおつまみ「サバ缶オニスラ」

定番から高級食材が使用されているものまで、さまざまな商品が販売され、人気が上がっている「缶詰」。今回は、サバ缶を使用したカンタンおつまみを紹介します。ビールはもちろん、アレンジ次第で日本酒やワインにも合うので、ぜひおうち飲みの定番おつまみに加えてみてください。

  • 更新日:

このおつまみに合うお酒は…
ビール、日本酒、焼酎、ワイン、ハイボール

おつまみに魚を取り入れたい時に便利なのが、缶詰。サバの水煮缶は、マヨネーズやポン酢など、しっかり個性のある調味料と合わせれば、魚の臭みもあまり気になりません。今回は玉ねぎを使用していますが、きゅうりやセロリのスライス、キャベツの千切りとも相性がよいです。すべてコンビニで揃う食材なので、気軽に試してみてくださいね。

【材料/2人分】
サバ缶…1缶(150g)
玉ねぎ…1/4個
マヨネーズ…大さじ1
ポン酢…大さじ1
大葉…2枚

【作り方/5分】
1.玉ねぎはスライサーなど使って、繊維を断ち切るように極薄切りにして水にさらす。大葉は千切りにする。
2.サバ缶は汁気を切り、マヨネーズ、ポン酢と混ぜる。
3.器にキッチンペーパーで水気をしっかりおさえた玉ねぎ、「2」を盛り、最後に大葉をのせて出来上がり!

サバはマヨネーズ、ポン酢としっかり混ぜ合わせておきましょう。

【コツ・ポイント】
●日本酒と合わせるなら、ポン酢の代わりに梅干しを、トッピングにかつおぶしや海苔などを加えて。ビールと合わせるなら、カレー粉を加えて作ってもおいしいですよ。ワインと合わせるなら、ポン酢を控えめにして、レモンを添えてみましょう。
●さらにアレンジするなら、「サバ缶オニオンディップ」を作ってみましょう。作り方は、汁気を切ったサバ缶に赤玉ねぎのみじん切り…1/4個、マヨネーズ…大さじ2、レモン汁…少々を混ぜるだけ。玉ねぎの辛味が苦手な方は、塩で軽くもみ、流水で辛味を流してから作るとよいですよ。クラッカーやバゲット、スティック野菜などを添えてどうぞ。

パーティーメニューにもぴったりな「サバ缶オニオンディップ」もおすすめ。

ライタープロフィール

野口英世

料理研究家・フードスタイリスト

おすすめ情報

関連情報

ビールの基礎知識