缶詰を味方にして、おいしくカンタンに「サバ味噌缶のお手軽スンドゥブ」

缶詰を味方にして、おいしくカンタンに「サバ味噌缶のお手軽スンドゥブ」

寒い季節に食べたくなるのが、鍋料理。今回は味付きの缶詰を使って、調味料も使わずカンタンに作れるスンドゥブを紹介します。缶詰の種類を変えればアレンジも多彩に。合わせるお酒を考えながら、ぜひチャレンジしてみましょう。

  • 更新日:

このおつまみに合うお酒は…
ビール、日本酒、ワイン、ハイボール

そのまま食べられる魚の味付き缶詰はおつまみに便利ですが、ひと手間かけて絶品おつまみ鍋を作ってみませんか? 味付き缶を使うのだから調味料は不要! 鍋に材料を入れて温めるだけの手軽さです。お腹がすいた夜のおつまみにぜひお試しください。

【材料/1〜2人分】
サバ味噌缶…1缶(150g)
キムチ…100g
絹ごし豆腐…1/2丁(200g)
水…150ml
ゴマ油…少々
小ねぎ…2本
卵黄…1個

【作り方/15分】
1.鍋に汁ごとのサバ味噌缶、一口大に刻んだキムチ、食べやすいサイズに切った豆腐、水を入れて中火で温める。
2.ゴマ油と小口切りにした小ねぎをふり、卵黄をのせて出来上がり!

【コツ・ポイント】
●日本酒と合わせるなら、すりおろし生姜を加えて作り、仕上げに山椒を多めにきかせて。白ワインと合わせるなら、洋風スンドゥブはいかがでしょう。鍋に鮭水煮缶(90g)を汁ごと、ちぎったキャベツ1枚、鶏がらスープの素小さじ1、一口大に切った豆腐1/2丁(200g)、水150ml、輪切りにしたレモン2枚を入れて温めます。仕上げにオリーブオイル少々とチリパウダー少々をふりかけて出来上がり! さわやかで女性好みの鍋になります。よかったらお試しくださいね。

鮭水煮缶を使った洋風スンドゥブもぜひ試してみて

ライタープロフィール

野口英世

料理研究家、フードコーディネーター、フードスタイリスト

おすすめ情報

関連情報

ビールの基礎知識