高アルコール度数のお酒が品薄な中、国産「メイリのウォッカ 65度」が明利酒類より新発売!

高アルコール度数のお酒が品薄な中、国産「メイリのウォッカ 65度」が明利酒類より新発売!

「高アルコール度数のお酒」と言えば、96度という超高アルコールのお酒、ポーランドの「スピリタス」が有名ですが、2020年3月現在、品切れが続いているようです。いまどき希少な高アルコール度数のお酒、明利酒類株式会社(水戸市)より新発売される「メイリのウォッカ 65度」を紹介します。

  • 更新日:

アルコール度数が高い「65%」のウォッカが登場

度数「65%」のウォッカが登場

テキーラ・ジン・ラムと並ぶ「世界4大スピリッツ」であり、蒸溜を繰り返すことでアルコール濃度を高めているウォッカ。一般的なウォッカの度数は40%程度ですが、そのなかでも「高アルコール度数のお酒」と言えば、96度という超高アルコールのお酒、ポーランドの「スピリタス」が有名です。このたび明利酒類が新発売する「メイリのウォッカ 65度」も、希少な高アルコール度数のウォッカです。

明利酒類が2017年に発売した「和ウォッカ」の度数は一般的なものと同じ40%ですが、今回は65%とさらに度数が高くなっており、カクテルのベースや炭酸割りなど、より好みの割り方で楽しみやすくなります。

クセなく、さまざまな組み合わせを楽しめる「メイリのウォッカ 65度」

ウォッカには様々なタイプがありますが、「65度」は糖類などを加えておらず、味や香りにクセがないのが特徴。そのため、色々な種類のドリンクで割って楽しむことができます。一般的な日本酒やワインのアルコール度数は12~15度前後であり、「65度」を4~5倍に薄めて割ることで同じくらいの度数になります。

明るい気持ちで過ごしたいこの春、「メイリのウォッカ 65度」を試してみてはいかがでしょうか。

商品概要

メイリのウォッカ 65度

<商品名>
メイリのウォッカ 65度

<アルコール度数>
65%

<容量>
360ml

<品目>
スピリッツ

<品名>
ウォッカ

<価格>
1,000円(税別)

インターネット販売はケース単位(20本)の出荷のみ(送料サービス)。注文の状況により、配送に1~2週間かかる場合あり。

http://www.meirishurui.com/online/vodka65c/

明利酒類株式会社

明利酒類株式会社

茨城県水戸市の老舗酒造メーカー。幕末の安政年間に創業した酒造店を前身とし、1950年に明利酒類株式会社が誕生しました。

独自に開発した「明利小川酵母」および「M310酵母」を使用し、清酒「副将軍」や本格焼酎「漫遊記」などをはじめ、リキュール類(梅酒等)や発酵調味料などを造る総合酒類メーカーへ成長。

また、水戸市内にて観光酒蔵「別春館」を運営し、酒造りの道具や、同社の手がけた種類の数々を展示しています。

また、水戸市内にて観光酒蔵「別春館」を運営し、酒造りの道具や、同社の手がけた種類の数々を展示しています。「別春」とは、かつて水戸黄門こと徳川光圀が「杯の中には別の春がある」と言い、開いていた酒宴「別春会」に由来するといいます。

<公式URL>
http://www.meirishurui.com

おすすめ情報

関連情報