「日本で飲もう最高のワイン2019」で、東欧・モルドバ共和国のワインが2部門を受賞!

「日本で飲もう最高のワイン2019」で、東欧・モルドバ共和国のワインが2部門を受賞!

9月に開催された「日本で飲もう最高のワイン 2019」のベストワイン発表会において、ユウ・コーポレーションがインポートする「モルドバ共和国」のワインがフルボディ部門などでベストワインを受賞しました。

  • 更新日:

「日本で飲もう最高のワイン 2019」とは

「日本で飲もう最高のワイン」は、たくさんの人が美味しいと感じるワインを知らしめ、ワイン文化の発展を目指して毎年開催されている発表会。エントリーワインには国産・輸入ワインの区別がなく、審査は知名度や産地、ブドウの種類など先入観を持たないように完全なブラインドテイスティングで行われ、愛好家の多くが美味しいと感じるワインが選ばれます。

過去にはブルガリア産やレバノン産など、日本では馴染みの薄かった国々のワインが最高得点を得て評価されています。

「日本で飲もう最高のワイン」は、たくさんの人が美味しいと感じるワインを知らしめ、ワイン文化の発展を目指して毎年開催されている発表会。

そして今回「ベストワイン フルボディ部門」を受賞したのは、東欧・モルドバ共和国のワイン「フリーダムブレンド」。会場にはモルドバ共和国特命全権大使のヴァシレ・ブマコフ夫妻も訪れ、受賞を喜ぶ一幕も。モルドバワインを専門に扱うインポーター「ユウ・コーポレーション」の活動が一つの実を結んだのです。

歴史あるモルドバのワイン

モルドバは、ルーマニアとウクライナの間に挟まれた東欧の共和国。といっても、日本での知名度は高いとは言えず、イメージできない人も多いかもしれません。中世の「モルダビア公国」以降様々な国との間で併合を繰り返してきましたが、ソ連崩壊後の1991年に独立を果たして現代に至っています。

そんなモルドバの主要産業となっているのがワイン。実はその歴史は非常に古く、「世界最古のワイン」とも呼ばれているほどです。

受賞ワイン一覧

【ベストワイン フルボディ部門】フリーダムブレンド

【ベストワイン フルボディ部門】フリーダムブレンド

2011年のソ連からの独立20周年を記念して造られた、モルドバ、ウクライナ・ジョージアの自由意志を込めた限定ワインです。色はピュアなルビーで、フレッシュなチェリー、クランベリーなどの赤い果実の香りやプラムやレッドペッパー、なめし皮といった複雑な香りを持ちます。余韻はベルベットのような優雅さを持ち長く続きます。全て手摘みのモルドバ、ウクライナ・ジョージア産のぶどうを配合し、フレンチオーク樽で1年熟成しています。

<品種>
バスタルド(ウクライナ主要土着品種)60%、サぺラビ(ジョージア主要土着品種)35%、ララネアグラ(モルドバ主要土着品種)5%

<度数>
13.5%

<酸>
5.3g/dm3

<残糖>
3.4g/dm3

<希望小売価格>
3,900円

【専門家ゴールド・メダル・愛好家プラチナ・メダル】エキノックス メルロー

【専門家ゴールド・メダル・愛好家プラチナ・メダル】エキノックス メルロー

3年オーク樽熟成。ブラックチェリーやプラムなどの熟した果実の香りと、存在感のあるタンニンとのバランスが良い無濾過ワインです。

<品種>
メルロー100%

<度数>
13.5%

<酸>
5.8g/dm3

<残糖>
3.0g/dm3

<希望小売価格>
3,000円

ユウ・コーポレーション

「モルドバで出会ったワインをどうしても日本の皆様に届けたい」という思いのもと、ソムリエの資格を持つインポーター・岩崎優子氏が現地の各ワイナリーに幾度と赴き、生産者との強い信頼関係を築く中で、納得のいく高品質なワインを厳選。現地から倉庫まで徹底した温度管理を行い、高品質な味わいと生産者の想いを届けています。

<公式URL>
https://yu-corporation.com

おすすめ情報

関連情報

ワインの基礎知識