福島の郷土料理はあの乾き物でカンタンにできる!「いかにんじん」

福島の郷土料理はあの乾き物でカンタンにできる!「いかにんじん」

福島の郷土料理として、とくにお正月の食卓には欠かせないといわれる「いかにんじん」。スルメを使って本格的に作るのは地味にたいへんですが、乾き物でおなじみのいかそうめんを使用すれば、じつはカンタンにできちゃいます。シャキシャキ食感がクセになる、絶品おつまみをぜひ試してみてください!

  • 更新日:

このおつまみに合うお酒は…
ビール、日本酒、焼酎、ハイボール

福島の郷土料理「いかにんじん」をご存知ですか? 福島出張の際、居酒屋のお通しで初めて食べたのですが、にんじんとスルメのシンプルな組み合わせなのに、これがおいしくて、帰ってきてさっそく再現してみることに! 最初はスルメをキッチンバサミで細く切ったり、合わせ調味料にもこだわって作っていたのですが、あるとき試しに乾き物のおつまみでおなじみのいかそうめんを使ってみたら、遜色ない出来ばえに! この作り方だったら、にんじんの千切りを頑張るだけでできちゃいます。千切りすら面倒という人は、千切り用のスライサーやピーラーを使用して、ぜひ挑戦してみてくださいね。

【材料/2人分】
にんじん…1本
いかそうめん(乾き物)…20g
めんつゆ(三倍濃縮)…大さじ1

【作り方/15分】
1.にんじんは千切りにする。いかそうめんは、にんじんと同じ長さにキッチンバサミでカットする。
2.ボウルかビニール袋ににんじん、いかそうめんを入れ、さらにめんつゆを加えて全体がなじむよう揉んで、しんなりするまで10〜20分ほど置いたら出来上がり!

【コツ・ポイント】
●日本酒と合わせるなら、出来上がったいかにんじんに三つ葉を加えてさっと混ぜ、七味唐辛子をふってバージョンアップさせても。ワインと合わせるなら、めんつゆを白だしや魚醤に代えて、食べる際にレモンを軽く絞ってもおいしいですよ。
※いかそうめんは、コンビニなどの乾き物おつまみコーナーに売られています。スーパーの魚売り場にあるお刺身のいかそうめんとは違うので注意してくださいね。

七味唐辛子をきかせれば、より日本酒に合います

ライタープロフィール

野口英世

料理研究家、フードコーディネーター、フードスタイリスト

おすすめ情報

関連情報

ビールの基礎知識