暑い季節に作り置きしておきたいおつまみ「ひたし枝豆」

暑い季節に作り置きしておきたいおつまみ「ひたし枝豆」

夏のおつまみといえば、枝豆。ビールとの組み合わせはベストマッチですよね。今回は、そんな枝豆の新しい食べ方を紹介します。作り方はカンタン、めんつゆに浸けて冷蔵庫においておくだけ! 味付けや材料をアレンジすれば、ビール以外のお酒にも合う絶品おつまみになりますよ。

  • 更新日:

このおつまみに合うお酒は…
ビール、日本酒、ワイン、ハイボール

今回は、暑い季節におすすめの新しい枝豆の食べ方を紹介します! 作り方は、ゆでた枝豆(冷凍でもOK)をサヤごとそのまま薄めためんつゆに浸けこみ、一晩おいておくだけ。汁気をきって、サヤをしゃぶるように枝豆を食べてみてください。お酒がすすむ、やみつきのおつまみに変身していますよ。

【材料/2人分】
枝豆…200g(サヤ付きで)
めんつゆ(3倍濃縮)…50ml
水…150ml
唐辛子…1本

【作り方/5分】
1.生の枝豆なら、サヤが付いたまま3、4分ゆでる。冷凍の枝豆なら、パッケージに表記された調理法に従って、ゆでるか自然解凍して食べられる状態にする。
2.チャック付きビニール袋に「1」を入れ、めんつゆ、水、種をとった唐辛子を加えて、空気を抜くようにして封を閉じる。 ※めんつゆの濃度はパッケージに表記された使用方法に従い、「つけつゆ」から「かけつゆ」程度に薄める。すぐに食べないなら、少し薄めに作っておきましょう。
3.2時間ほど冷蔵庫においたら出来上がり! 冷たいままおいしく食べてくださいね。

【コツ・ポイント】
●日本酒と合わせるなら、薄切りにした生姜を加えてさわやかに。ワインに合わせるなら、めんつゆを白だしに代えて、レモンを加えて作ってもおいしいですよ!(濃度目安:白だし30mlに対して水170ml)

めんつゆを白だしに代えると、さっぱりした味わいに

ライタープロフィール

野口英世

料理研究家、フードコーディネーター、フードスタイリスト

おすすめ情報

関連情報