「チョコビール」は、チョコレートのようなほろ苦い香りが人気のビール

「チョコビール」は、チョコレートのようなほろ苦い香りが人気のビール
出典 : Nataliya Arzamasova/Shutterstock.com

ビールとチョコレートの組み合わせには違和感があるかもしれませんが、じつは今、「チョコビール」と呼ばれるチョコレート風味のビールが密かなブームになっているのだとか。今回は、チョコビールをはじめ、チョコとビールのおいしい関係について紹介します。

  • 更新日:

「チョコビール」の造り方は大きく分けて2種類

「チョコビール」の造り方は大きく分けて2種類

Lipskiy/Shutterstock.com

「チョコビール」とはどんなビール?

「チョコビール(チョコレートビール)」と呼ばれるビールは、いったいどんなビールなのでしょうか。
一般的に、チョコビールとは、まるでチョコレート のような香りやほろ苦い味わいがするスタウト系の黒ビールのことを言います。

チョコビールの2つの製法

そんなチョコビールには、大きく分けて2種類の造り方があります。

【実際にチョコレートの原料を使ったビール】

「チョコビール」という呼び名のとおり、ビール造りの過程でチョコの原料となるカカオパウダーなどを使っているビール。実際にビール造りの副材料としてチョコの原料を使っているので、はっきりとしたチョコの風味がするのが特徴です。

【麦芽を焙煎してチョコ風味を出したビール】

チョコレートの原料となるカカオなどを一切使わず、麦芽を焙煎することでチョコ風味を出しているビール。どちらかと言えば、「チョコビール」と呼ばれるビールでは、こちらのほうがポピュラーなようです。
通常のビールでは、焙煎の温度は約85度で、きつね色をした「ベース麦芽」を使います。一方、黒ビールは約220度の高温で焦げるまで焙煎した「ブラック麦芽」を用いて、苦みを増しています。
チョコビールの場合、その中間の約160度で焙煎した、焦げる寸前の「チョコレート麦芽」が、ほろ苦いビターチョコ風味を生み出しています。

チョコビールのお供にはやっぱりチョコレートがおすすめ

チョコビールのお供にはやっぱりチョコレートがおすすめ

Arina P Habich/Shutterstock.com

チョコレートはアルコールと好相性

チョコビールを飲む際のお供には、やはりチョコレートがおすすめです。もともとチョコレートは、ブランデーやウイスキー、コニャックなどとのおつまみとして人気が高く、最近ではビールや日本酒が入ったチョコレートが販売されるなど、基本的にどんなお酒ともマッチするスイーツと言われています。

チョコビールのフレーバー

また、最近のチョコビールには、バナナ風味やバニラ風味、オレンジ風味などのいろいろなフレーバーのチョコビールが登場しています。チョコレートもそんなフレーバーに合わせて選べば、おいしさが一層ひきたちます。

チョコレートと合うビールは?

チョコビールとチョコレートの組み合わせは好相性ですが、どんなビールでもチョコに合うというわけではありません。一般的にはピルスナー系やエール系はあまり合わないとされ、やっぱりスタウト系の黒ビールがよいようです。
このとき、ビールをあまりキンキンに冷やさないほうがよいのだとか。チョコは冷やすと風味が落ちてしまうので、ビールも比較的高めの温度で味わうほうが、チョコとビールならではの風味がより一層たのしめます。

チョコビールと言えば、サンクトガーレン

チョコビールと言えば、サンクトガーレン

S_Photo/Shutterstock.com

チョコビールを牽引する老舗ブルワリー

「チョコビール」は現在、国内外のさまざまなビールメーカーから発売されていますが、なかでも人気を集めているのが、日本のクラフトビールのパイオニアとして有名な神奈川の老舗ブルワリー「サンクトガーレン」のチョコビールです。
サンクトガーレンでは、日本ではまだチョコビールがあまり認知されていなかった頃から、バレンタインデーの時期には毎年のように新しいチョコビール を開発。今では発売開始と同時に売切れになるほどの大人気となっています。

2019年の新作チョコビール

直近の2019年にも、「インペリアチョコレートスタウト」や「バナナチョコレートスタウト」「オレンジチョコレートスタウト」「スイートバニラスタウト」など、計4種類のチョコビールを発売。
さらに、ビールと相性のよいカカオを厳選したチョコレートグラスとのセット販売も行っています。詳しくは公式サイトをチェックしてみてください。

サンクトガーレン公式サイト

神奈川のビール【サンクトガーレン】 日本のクラフトビールのパイオニア

チョコビールのその他のおすすめブルワリー

チョコビールのその他のおすすめブルワリー

Smile Studio/Shutterstock.com

チョコビールは百花繚乱の時代へ

「チョコビール」は、今ではビールファンのあいだで広く知られるようになり、紹介したサンクトガーレン以外にも、日本全国のさまざまなブルワリーで造られるようになっています。ここでは、そんななかからいくつか代表的なブルワリーを紹介します。

【スワンレイクビールのバレンタインポーター】

新潟のブルワリー「スワンレイクビール」で造られているチョコビール。数々の賞に輝いた同社の人気商品「スワンレイクポーター」をバレンタイン仕様にした人気のビールです。

スワンレイクビール 公式サイト

【ベアレン醸造所のチョコレートスタウト】

日本で初めてチョコビールを造ったとされる岩手県の「ベアレン醸造所」が造るチョコビール。ビターチョコレートを思わせる香りと、深くローストされた麦芽の旨味が堪能できます。

ベアレン醸造所 公式サイト

【田沢湖ビールのダブルチョコレートボック】

岩店県第1号の地ビールブルワリーとして知られる「田沢湖ビール」のチョコビール。ほどよく焙煎したチョコレート麦芽の香ばしい香りが特徴。アルコール度数と糖度が高く、寒い冬にゆっくりと味わえるビールです。

田沢湖ビール 公式サイト

ここで紹介した以外にも、さまざまなブルワリーでチョコビールが造られています。いろいろなチョコビールのなかから、ぜひお気に入りのビールを探してみてください。

「ビールとチョコなんて合わない」と思い込んでいる人も、一度チョコビールにチャレンジしてみてはいかがでしょう。その意外な相性のよさに驚くかもしれません。

おすすめ情報

関連情報

ビールの基礎知識