神奈川のビール【サンクトガーレン】 日本のクラフトビールのパイオニア

神奈川のビール【サンクトガーレン】 日本のクラフトビールのパイオニア
出典 : サンクトガーレンサイト

「サンクトガーレン」は、日本でクラフトビールの製造が解禁された1994年以前から、独自にビールの醸造・販売を行ってきた、日本のクラフトビールのパイオニア的なブルワリーです。今回は、そんな「サンクトガーレン」について紹介します。

  • 更新日:

「サンクトガーレン」のクラフトビール開拓者としての歴史

「サンクトガーレン」のクラフトビール開拓者としての歴史

出典:サンクトガーレンサイト

「サンクトガーレン」のクラフトビール造りの歴史は、酒税法の改正により、ビールの製造免許を取得するために必要な年間製造量が引き下げられ、日本における地ビール造りが事実上、解禁された1994年4月以前にまでさかのぼります。

「サンクトガーレン」の代表を務める岩本伸久氏は、父の経営する飲茶店で働いていた若き日、出店調査のために訪れたサンフランシスコでクラフトビールに出会い、「こんなにおいしいビールは飲んだことがない!」と感動。自分の手でクラフトビールを造りたいと心に決めたのだとか。
しかし、当時の日本ではビールの小規模な醸造は認められておらず、出店したサンフランシスコでビール醸造を開始。そのビールを逆輸入して販売していました。

こうした取り組みがアメリカのメディアに取り上げられ、日本でも話題となったことが、その後の地ビール解禁につながったともいわれています。
解禁後の1997年には、神奈川県厚木市において念願だった国内ビール醸造所を設立。以来、日本を代表するブルワリーとして活躍し続けています。

ちなみに、「サンクトガーレン」という名称は、世界でもっとも古くにビール醸造が公式に認められたとされるスイスの修道院「ザンクトガレン修道院」が由来なのだとか。ここにも、クラフトビール開拓の第一人者としての誇りが表れています。

「サンクトガーレン」のクラフトビール造りのこだわりとは

「サンクトガーレン」のクラフトビール造りのこだわりとは

出典:サンクトガーレンサイト

「サンクトガーレン」のマスターブルワーである岩本伸久氏が、サンフランシスコでクラフトビールに出会ったとき、一番驚いたのは「ビールにもこんなに数多くの異なる味わいがあるのか」ということだったそうです。

当時の日本では、ビールといえば下面発酵によるすっきりとした味わいの「ラガービール」が中心で、上面発酵による香りや味わいが個性的な「エールビール」はほとんど飲まれていませんでした。
移民大国のアメリカでは、ラガーにエール、ほかにも多種多様なビールが存在しており、「各種のビールがあるなかで、ラガーしか知らないのは“人生の損失”」と考え、当時の日本では馴染みのなかったエールビールを中心としたビール造りにチャレンジしました。

このように、「サンクトガーレン」の開拓者スピリットは、ビール造りにもいかんなく発揮され、国内外のビールコンテストで数々の賞を獲得。最近では、フルーツビールやチョコレートテイストのスイーツビールなど、これまでの常識を覆す新たな味わいのビールにも積極的にチャレンジしています。

「サンクトガーレン」の人気のビールを紹介

「サンクトガーレン」の人気のビールを紹介

出典:サンクトガーレンサイト

「サンクトガーレン」では、上面発酵によるエールビールを中心に、さまざまなクラフトビールを醸造・販売しています。ここでは、そのなかから人気の定番ビールを紹介します。

【ゴールデンエール】

おすすめ情報

関連情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識