ワインで人気のピノ・ノワールの魅力に迫る

ワインで人気のピノ・ノワールの魅力に迫る
出典 : Gyuszko-Photo/ Shutterstock.com

「ピノ・ノワール」は、“ワイン界の女王”とも称えられるほどの圧倒的な人気を誇る、ワイン用ブドウ品種。エレガントな風味で、世界のワイン愛好家をとりこにしているピノ・ノワールの人気のヒミツに迫ります。

  • 更新日:

ピノ・ノワールはワインに使われる有名ブドウの起源

ピノ・ノワールはワインに使われる有名ブドウの起源

baibaz/ Shutterstock.com

ピノ・ノワールは、ワイン用ブドウの一種で、果皮が黒みを帯びた黒ブドウの仲間。「・」なしで「ピノノワール」と表記される場合もあるようです。
世界有数の高級ワイン「ロマネ・コンティ」などの赤ワインに使われるほか、「シャンパン(シャンパーニュ)」をはじめとする高級スパークリングワインの主要原料にもなっています。

広く世界のワイン産地で栽培されているブドウを「国際品種」と呼びますが、ピノ・ノワールもそのひとつ。そもそもの原産地は、フランス北東部のブルゴーニュ地方と言われています。
起源は古く、4世紀にはすでに栽培されていたという記録が残っていて、シャルドネやソーヴィニヨン・ブランといった数々の国際品種のルーツであることもわかっているそうです。

ピノ・ノワールがワイン好きを魅了している理由は、そうした歴史はもちろん、何よりその味わいでしょう。
果皮が薄いため、皮に由来する色素やタンニンが比較的少なく、ワインに使うとベリー類やチェリーのような果実味と、豊かな酸味が際立ち、しばしば「エレガントな味わい」と表現されます。
熟成が進むにつれて、香りが花や香辛料から、皮革を思わせる動物的な印象に変わることがあるのも、ピノ・ノワールならではです。

ピノ・ノワールを使ったワインで畑ごとの個性をたのしもう

ピノ・ノワールを使ったワインで畑ごとの個性をたのしもう

James Zandecki/ Shutterstock.com

ピノ・ノワールは、ワイン産地のなかでも冷涼な地域で栽培されてきました。というのも、ピノ・ノワールは、ほかの品種に比べて熟すのが早いため、暑い地域では急速に成熟し、繊細な風味や香りが損なわれてしまうからです。

ピノ・ノワールの弱点は、暑さだけではありません。皮が薄いので、病気にかかりやすく、栽培には手間ひまがかかります。
こうした栽培の難しさを乗り越えて、大切に育てられたピノ・ノワールは、その風味と香りを十分に引き出すため、スパークリングワインなどを除き、ほかの品種とブレンドすることなく、原則、単独でワインに使われます。

ピノ・ノワールのみを原料とするワインは、同じ産地でも畑ごとに異なる個性を鮮明に映し出すのだとか。この繊細さこそが、ピノ・ノワールの大きな魅力と言えるでしょう。

ピノ・ノワールはワインの産地ごとに呼び名もさまざま

ピノ・ノワールはワインの産地ごとに呼び名もさまざま

Thomas Barrat/ Shutterstock.com

ピノ・ノワールで名高いワインの産地を紹介しましょう。

まずは、ピノ・ノワールの原産地として知られるフランス・ブルゴーニュ地方です。とくに名産地として名高いエリアがコート・ドールで、「ロマネコンティ」をはじめ、世界最高級とも称されるピノ・ノワールのワインが造られています。

フランスに次ぐワイン大国のイタリアやドイツでは、ピノ・ノワールがそれぞれ「ピノ・ネロ」、「シュペートブルグンダー」と呼ばれていて、イタリアでは北部、寒冷なドイツでは南部を中心に栽培されています。

ピノ・ノワールは、「ニューワールド(新世界)」と呼ばれる、歴史の新しいワイン産地にも定着しています。
フランス・ブルゴーニュとともに、ワイン愛好家から“世界三大ピノ・ノワール産地”と称されるのは、ニュージーランドのセントラル・オタゴと、アメリカ・オレゴン州です。
このほか、アメリカ・カリフォルニア州、チリ、オーストラリアのタスマニア州、南アフリカなど、ピノ・ノワールの産地は世界的な広がりを見せています。

昨今は、日本国内にも熱心な造り手が登場。なかでも、ウイスキーの産地としても知られる余市町をはじめ、北海道の生産者の取り組みが話題を集めています。

ピノ・ノワールで造られるワインは、いずれも生産者がその栽培の難しさを克服して生み出したものだけに、造り手のこだわりと情熱が込められています。ぜひ一度、手に取ってみてください。

おすすめ情報

関連情報

ワインの基礎知識