りんごのワイン?個性豊かなシードル。おすすめおつまみも紹介!

りんごのワイン?個性豊かなシードル。おすすめおつまみも紹介!

  • 更新日:

シードルって?

シードルは、りんごから造られるお酒です。イギリスではこのシードルをサイダーと呼び、パブでもよく飲まれる伝統的なお酒です。ヨーロッパやアメリカでも人気のあるお酒ですが、とくにヨーロッパではパブやレストランなどには、ほぼ必ずといっていいほど常備され、爽やかな発泡性とライトな飲み口が料理にも合うと、ビールと同様に飲まれているお酒です。

色はクリアなものや淡いピンクのもの、レモンイエローやオレンジがかったものなどさまざま。りんごの酸味と甘味を連想させる香りがふんわりと感じられ、味わいは、甘さが強いものもあれば、スッキリとドライなシードルもあります。

日本では、りんごの産地である青森をはじめ、東北や長野を中心に地元のりんごを使ったシードルの醸造が行われています。日本でシードルに使われるりんごは、生食用のスイートなものが多いのが特徴。単一種を使ったり数種類のりんごをブレンドして醸造されます。

シードルって?

Brent Hofacker/ Shutterstock.com

シードルって実は個性豊かなお酒!

シードルは、「りんごのワイン」、と呼ばれるように品種や造りによっても味わいはさまざまで、個性をたのしむのもシードルを飲む醍醐味です。ひとくちにシードルとくくって味をイメージするのは難しいのですね。

ここで編集部が厳選したシードルを紹介しながら、違いについてみていきましょう。

【入門向け ななえシードル 500ml(はこだてわいん)】

ななえシードルは泡がきめ細かく非常に繊細で、りんご本来の甘味や酸味もしっかり感じられます。やや甘口の味わいは食前、食後酒はもちろん広く食中酒としてもおたのしみいただけます。
◇りんごの蜜の感じがサラダとかヨーグルトに合いそう!
◇りんごをそのままかじった甘酸っぱさを感じ、すごくフレッシュ。
◇とても素直でどこか懐かしい味。子供のころ飲んだりんごジュースみたい。

入門向け ななえシードル 500ml(はこだてわいん)

【ビアバーの味! 2 TOWNS ブライトサイダー 355ml(チョーヤ梅酒)】

100%アメリカ産のりんごを使用し、とくにニュータウンピピン種(和名:翠玉)を中心に数種類のりんごをブレンドしています。柑橘系のような香りとグリーンアップルのフレッシュな味わいが特徴です。
実際に飲んでみると・・・
・ビアバーでだしてるサイダーの味わい。
・日本のりんごと違いがよく分かる!日本と違って甘さよりも青っぽさや酸を感じる。
・スナック系や味の濃いもの、スパイスの利いたものと合わせたいね。から揚げや竜田揚げというより、フライドチキン!がっつりグルメバーガーと合いそう。

おすすめ情報

関連情報

ワインの基礎知識