ビールと餃子が最強コンビである理由

ビールと餃子が最強コンビである理由
出典 : gontabunta/ Shutterstock.com

ビールと餃子は、ビール好きのあいだでは不動の人気を誇る組み合わせ。キンキンに冷えたビールと、アツアツの餃子は、季節を問わずたのしめ、思わずビールが進みます。今回は、なぜビールと餃子の相性がよいのかを探っていきます。

  • 更新日:

キンキンのビールとアツアツの餃子は抜群のコンビ

キンキンのビールとアツアツの餃子は抜群のコンビ

taa22 / Shutterstock.com

ビールとの相性のよさを誇る餃子は、日本でもっともポピュラーなメニューのひとつ。近年では、全国各地に地域の特色を活かした“ご当地餃子”も生まれています。もちもちの生地とカリッとした焼き面、そのなかからあふれ出てくる肉汁は、食べ進めていくほど箸が止まらなくなります。

アツアツの餃子とキンキンに冷えたビールの相性は抜群で、性別や年代を問わず、多くの人に親しまれている黄金コンビといえます。

その理由はさまざまですが、やはり決め手といえるのはジューシー肉汁。口のなかに広がった濃厚な肉汁を、爽快なのどごしのビールが洗い流す一方で、ニラやニンニクなどの芳香がビールの苦味をやわらげるため、相乗効果で餃子とビールがおいしくいただけるというわけです。

餃子の魅力はさまざまな味のバリエーション

餃子の魅力はさまざまな味のバリエーション

fuumi901/ Shutterstock.com

「餃子」とひとくちにいっても、調理法や味つけなどバリエーションもさまざま。ビールにもさまざまなスタイルがあり、よりおいしい組み合わせを探してみることで、その奥深さに気づくかも。

日本で一般的な餃子は「焼き餃子」。一度にさまざまな食感をたのしむことができ、肉汁とのバランスも絶妙な焼き餃子には、すっきりとしたドライな味わいのピルスナータイプが相性抜群です。
ピルスナーは日本でもっとも親しまれているスタイルのビールで、パンチのある味つけの料理に最適です。

対して、餃子の本場である中国で一般的なのが「水餃子」。日本では鍋料理の具やスープに入れる人も多く、餃子の皮のモチモチ感をたのしむことができます。あっさりとした味つけの水餃子には、ホップの香り豊かなペールエールがおすすめです。

ほかにも、さまざまな味わいのバリエーションがたのしめる揚げ餃子には、コクが豊かなスタウトもおすすめ。
つけダレや、なかに包む餡の種類によっても餃子のたのしみ方は無限大で、さまざまなスタイルのビールに合います。

ビールと餃子はコンビニでも手軽に手に入る

ビールと餃子はコンビニでも手軽に手に入る

GUNDAM_Ai/ Shutterstock.com

餃子は、冷凍食品のなかでも圧倒的な人気を誇ります。スーパーはもちろん、コンビニでも手軽に購入できます。

驚くべきは、そのクオリティの高さ。手頃な価格からは想像もできないほど本格的な餃子がレンジひとつで完成します。
仕事で夜遅くなった日でも、帰り道にコンビニで餃子とビールを買って帰宅すれば、この上ない幸せを感じることができるかも。

日本においてビールと餃子がこれほどまでにポピュラーな組み合わせになったのは、私たちの生活に密着しているコンビニの存在も大きな要因のひとつであるといえるでしょう。

黄金コンビともいえる餃子とビールの組み合わせ。日本人におなじみの焼き餃子のほかにも、さまざまな調理法や味つけがあるため、お気に入りの餃子に最適なスタイルのビールを探してみてはいかがでしょうか。

おすすめ情報

関連情報

ビールの基礎知識