1本から創り、購入・シェアできる。世界でひとつだけのオリジナルワインを創れるサービスを発見!

1本から創り、購入・シェアできる。世界でひとつだけのオリジナルワインを創れるサービスを発見!

自分好みのオリジナルワインを作ってみたいと思ったことはありませんか? 今回、そんなあなたの夢をかなえてくれる素敵なサービスを見つけたので紹介します。

  • 更新日:

ハリウッドスター気分? セレブがたどり着く究極の趣味を・・・

ハリウッドスターや大成功した実業家など、世界のセレブが「究極の贅沢」いや「生きがい」としてたどり着くところ、それが「マイ・ワイナリー」を持つこと。自らのブドウ畑を購入し、ワイナリーを建設、自分が理想とするワインを創り、友人と共にたのしむ。なんて知的で壮大な趣味でしょう!

最近では国内でも「家族経営ワイナリー、スモールワイナリー」が増えてきましたが、その苦労や覚悟は並大抵ではありません。

そこまで高いハードルを課さずに、もう少し気軽に「ラベルだけオリジナル」ではなく「中身までオリジナル」のワインが作れたら最高だと思う人は少なくないはず。そんな願いをかなえてくれるサービスがスタートしました!

ちょっと興奮ぎみですが、これからその内容をお伝えしますね。

組み合わせは無限大、オリジナルワインを1本から創ってみましょう!

これまでも「オリジナルラベルのお酒を作れるサービス」は多く存在しましたが、「中身までオリジナルで作れるお酒」しかも1本からできるサービスはほとんど聞いたことがありません。

2018年11月9日にスタートした「WINE BLEND PALETTE(ワインブレンドパレット)」は、世界中の多くのワイナリーで行われているアッサンブラージュ(キュヴェを複数組み合わせてブレンドする工程)からヒントを得たサービスです。自分で考えたブレンドのオリジナルワインを創り出すことができ、それをWEBサイトやSNSでの公開まで可能な、夢のような体験型サービスです。

サービスの内容は大きく分けて2つ。ひとつめは各ブドウ品種や特徴を持つキュヴェ(ワイン原酒)を、WEBコンテンツ「アッサンブラージュECサイト」上でブレンド(アッサンブラージュ)して「オリジナルワイン創りをバーチャル体験」するもの。

「アッサンブラージュECサイト」画面イメージ

「アッサンブラージュECサイト」画面イメージ

赤ワイン用の代表的なブドウ品種「カベルネ・ソーヴィニヨン」は「フランス産の樽熟成あり」「なし」「同チリ産」の3種類、その他「チリ産メルロー」「フランス産シラー」「チリ産プチ・ヴェルド」「日本産マスカット・ベーリーA」の7種類のキュヴェが用意されます。

私たち消費者自身が、このなかから5種類までを選択、ブレンド比率を決めていき、最後にラベルデザインを選択して購入手続きを行うと、キッコーマングループの「マンズワイン」が1本単位で実際のブレンドを行って、後日指定の場所に届けてくれるもの。気になる費用は1本720ml当たり:2000円〜3000円(税別、送料別)と意外なほどリーズナブル。ブレンド内容によって価格が異なるそう。

「アッサンブラージュECサイト」画面イメージ

「アッサンブラージュECサイト」画面イメージ

筆者も実際に「アッサンブラージュECサイト」をパソコンとスマホの両方で操作してみましたが、ブレンド比率や味わいマップがその場でビジュアルに反映されるので、直感的にもわかりやすかったです。

「アッサンブラージュECサイト」公式ページ
https://wine-bp.jp/assemblage/


またECサイト内の「交流サイト」で、自身が創作したワインのコンセプトやブレンド比率などを公開、SNSでシェアが可能に。また他のユーザーが創作したワインの内容を見たりコメントしたり、興味を持ったワインを購入もできるそうです。
公式 交流サイト
https://wine-bp.jp/gallery/list_all/

ふたつめの方法、ワークショップや体験キットで実体験!

ワークショップや自宅で体験

ワークショップや自宅で体験

おすすめ情報

関連情報

ワインの基礎知識