「ヴィンテージワイン」の定義と魅力を改めて知ろう!

「ヴィンテージワイン」の定義と魅力を改めて知ろう!
出典 : Valentyn Volkov / Shutterstock.com

ヴィンテージワインと聞けば、誰もが「高級なワイン」をイメージするでしょうが、そもそもヴィンテージワインとはどんなワインなのでしょう? 今さら人には聞きづらいヴィンテージワインの定義や、そのたのしみ方について、改めて調べてみました。

  • 更新日:

「ヴィンテージワイン」に込められた2つの意味

「ヴィンテージワイン」に込められた2つの意味

mythja/ Shutterstock.com

ヴィンテージワインといえば、ワインのなかでも高級なイメージがありますが、改めて「ヴィンテージワインって何? 」と質問されると、うまく答えられない人もいるかもしれません。

本来「ヴィンテージ」とは、そのワインの原料となったブドウの収穫年のことです。ワインのラベルに「2000」とあれば、そのワインのブドウが2000年に収穫されたものを意味しています。そうした収穫年が記されたワインのことを「ヴィンテージワイン」と呼びます。

ブドウはワインの味わいを決定づける重要な要素ですが、農作物ですので年ごとの天候などによって品質が異なるもの。このため、同じワイナリーのワインでも、ヴィンテージが違えば味わいも異なります。ヴィンテージは、そのワインの個性を示すものであり、いわゆるブドウの当たり年に造られたれ上質なワインは「ヴィンテージのよいワイン」として珍重されます。

ワインのヴィンテージを示すのは、当たり年かどうかを把握するだけでなく、もうひとつの意義があります。それは、ワインの熟成度合いを見定めるためです。
高級なワインは、瓶詰めしてから数年間、長いものだと数10年間も寝かせることがあります。造られた当初は香りや渋味が粗かったワインでも、時を経て熟成されることで、バランスのとれた味わいとなります。
こうした長期にわたる熟成の際に、生産者はラベルに記したヴィンテージをもとに、そのワインの飲み頃を見極めているのです。

このように、ヴィンテージワインは「収穫年によって味わいが異なる」「熟成によって味わいが変化する」という、ワインの大きな2つの特徴を示しています。

ヴィンテージワイン=高級ワインなの?

ヴィンテージワイン=高級ワインなの?

Minerva Studio / Shutterstock.com

ヴィンテージワインとは、前述のように、ヴィンテージ=ブドウの収穫年を記したワインのこと。ブドウは収穫年によって品質が上下しますので、単純に「ヴィンテージワイン=高品質なワイン」とは言い切れません。

ただ、一般的に市場に出ている古いヴィンテージのワインは、当たり年に収穫されたブドウを原料にした「ヴィンテージのよいワイン」が多く、しっかりと熟成されたこともあって、驚くほどおいしいワインに出会うこともあります。このため、「ヴィンテージのよいワイン」を「ヴィンテージワイン」と呼ばれることも多くなっています。

ヴィンテージワインについて語る際は、本来の意味の「ヴィンテージのついたワイン」なのか、当たり年のブドウを使った「ヴィンテージのよいワイン」なのか、きちんと区別して使いたいものですね。

ヴィンテージワインのたのしみ方を知ろう

ヴィンテージワインのたのしみ方を知ろう

Paranamir / Shutterstock.com

ヴィンテージワインをたのしむためには、いくつかのポイントがあります。

まず、何より大切なのが、そのワインのヴィンテージが当たり年なのかどうかを見極めること。
以前はソムリエなどの専門的な知識が求められましたが、ありがたいことに、近年ではワインの専門誌やWebサイトなどで、ヴィンテージワインの専門家が当たり年の早見表を公開しています。
こうした資料を探してみれば、年代別、地域別で当たり年のヴィンテージワインを見つけることができます。

可能であれば、同じ地域、同じ生産者のワインで、当たり年でないヴィンテージのワインも同時に購入してみましょう。両者を飲みくらべてみれば、「これがヴィンテージのよいワインか! 」と実感できるでしょう。

ヴィンテージワインをたのしむもうひとつのポイントは、飲む前の準備です。
「ヴィンテージのよいワイン」と評価されているものは、長い熟成年月を経たワインが多いので、おいしく飲むためには注意が必要です。

ワインは瓶内で熟成される過程で、不溶性の沈殿物である「オリ」が発生します。ポリフェノールやタンニン、アントシアニンなどを豊富に含んだ上質なワインほど、オリが発生しやすくなります。

オリは飲んでも問題ありませんが、口当たりが悪く、渋味が強いため、ワインを味わう妨げになります。そこで、熟成されたヴィンテージの古いワインを飲む前に、1週間ほどボトルを立てておくのがポイントです。
こうすることで、配送時の振動で瓶内全体に浮遊したオリが瓶底に沈んで、ワインを注ぐ際に、グラスにオリが入るのを防ぐことができます。

また、熟成を重ねたワインでは、コルクがもろくなっていることがありますので、若いワインのように、勢いよく抜くのでなく、ゆっくり、ていねいに引き抜きましょう。

ヴィンテージの古いワインをたのしむ際は、デキャンタを用意しておくことをおすすめします。デキャンタを使えば、オリを取り除くこともできますし、万一、コルクが崩れて瓶内に落ちても安心ですね。

ヴィンテージ表示がない「ノン・ヴィンテージワイン」

ヴィンテージ表示がない「ノン・ヴィンテージワイン」

Africa Studio / Shutterstock.com

ヴィンテージワインについて説明してきましたが、一方で、ヴィンテージのない「ノン・ヴィンテージワイン」もあります。
一見、これらはヴィンテージワインよりも質が劣るのかと思われがちですが、決してそうではありません。

先述したように、ブドウは農作物なので、その品質は年ごとの気象条件などによって異なります。そうした厳しい条件のなかでも、常に安定した品質のワインを市場に届けるために、ワインの生産者は、異なる年に生産したワインをブレンドするといった工夫を凝らしています。こうした手法で造られたワインには、当然ながら、その品質にかかわらず、ヴィンテージを表示することはできません。

このように、ノン・ヴィンテージワインは「当たり年であろうとなかろうと、常にワインの品質を一定に保ちたい」というワイン生産者の想いの表れでもあります。私たちが毎年、おいしいワインをたのしめるのも、こうした生産者の工夫があってこそだということを、忘れずにいたいものです。

ヴィンテージワインはプレゼントに最高!

ヴィンテージワインはプレゼントに最高!

MinDof / Shutterstock.com

ヴィンテージワインに記された収穫年の数字は、当たり年を知る、熟成期間を知る、といった目的に加えて、ワイン生産者やブドウ生産者の1年間の努力や苦労、そして思い出が込められています。
彼らがヴィンテージの数字を見る度に、その年のブドウの出来映えや、ワインの香りが、ありありと浮かび上がってくるのではないでしょうか。

このように、ヴィンテージワインには、その年の記憶を色あせないようにする“記念碑”的な意味をもたせることもできます。そこで、大切な人が生まれた年を刻んだヴィンテージワインは、誕生日などのプレゼントに最適です。
その人が生まれてきてから過ごしてきた年月と、同じだけの時間を積み重ねてきたヴィンテージワインは、きっと特別な味わいをたのしめるはず。

また、結婚記念日のお祝いに、結婚した年のヴィンテージワインで乾杯するというのも素敵なもの。二人で重ねてきた日々が、ワインの味を素晴らしいものにしてくれるでしょう。

ヴィンテージワインは、ワインを語るうえで欠かせないもの。その意味をしっかり理解しておくことで、ワインのたのしみ方が、これまで以上に深まるはずです。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識