リキュールのおいしい飲み方【アブサン編】

リキュールのおいしい飲み方【アブサン編】
出典 : Africa Studio/ Shutterstock.com

アブサンは、かつて多くの芸術家を魅了するなど、数々の逸話が伝えられている、まさに伝説級のリキュールです。「禁断のお酒」と呼ばれる理由もまじえながら、アブサンの魅惑の世界をのぞいてみましょう。

  • 更新日:

アブサンが「美しき狂気」と呼ばれる理由

アブサンが「美しき狂気」と呼ばれる理由

nnattalli/ Shutterstock.com

アブサンは、18世紀にスイスやフランスで生まれたといわれているハーブリキュールです。
植物のニガヨモギを主原料に、アニシードなど数々のハーブが配合されており、ハーブ由来の独特の風味と香りが特徴です。
銘柄によって異なりますが、その多くは淡い緑色。アルコール度数は40度前後から70度ほどまでさまざまですが、高めのものが一般的です。

アブサンはよく「禁断のお酒」「伝説のお酒」などと呼ばれますが、そうした異名のもととなっているのが、原料のニガヨモギに含まれる精油成分「ツヨン」です。この成分は、セージやコリアンダーなどのハーブ、スパイスにも含まれますが、過剰に摂取すると、幻覚や錯乱を引き起こすといわれています。
そのため、アブサンは非日常の感覚を求めた多くの芸術家を虜(とりこ)にしました。たとえば、フランスの詩人ランボーはアブサンを「美しき狂気」と呼んで愛飲。また、オランダの画家ゴッホはその名も『アブサン』という作品を残しています。

アブサンは、社会に対する影響の大きさが懸念され、19世紀末以降、各国で製造・販売が禁止されましたが、20世紀末に世界保健機関 (WHO) が、ツヨンの残存許容量の基準値を定めたことで製造が再開。ヨーロッパを中心に、再び世界各国で親しまれるようになり、現在では、その銘柄の数は400種類以上にのぼっています。

アブサンを使ったポピュラーなカクテル「アブサン・ドリップ」

アブサンを使ったポピュラーなカクテル「アブサン・ドリップ」

Cegli/ Shutterstock.com

アブサンの伝統的な飲み方が「アブサン・ドリップ」と呼ばれるカクテルです。
アブサン・ドリップには、穴の開いた「アブサンスプーン」という専用アイテムを使いますが、現在ではネットショップなどでも手に入れることができます。

作り方は、アブサンを注いだグラスの上に、角砂糖を1個のせたアブサンスプーンを置き、角砂糖の上から水を1滴ずつ垂らしていきます。
アブサンに含まれるハーブの精油が水と反応して白濁し、じつに神秘的な色合いに。この色の変化が、アブサン・ドリップの大きな魅力になっています。
角砂糖がほどよく溶けたら、グラスに入れて軽くかき混ぜて味わいます。

もうひとつ有名なのが、アブサンスプーンにのせた角砂糖にアブサンを垂らし、火をつけるというスタイル。角砂糖が燃えつきるタイミングで水を注いで、グラスに入れて混ぜます。
「これでは、アブサンの風味が台なしになる」といった声もあるようですが、ホームパーティの盛り上げ役にはいいかもしれません。試す際は、火の扱いにくれぐれも気をつけましょう。

アブサンはほかにもおいしい飲み方がさまざま

アブサンはほかにもおいしい飲み方がさまざま

Andrei Mayatnik/ Shutterstock.com

アブサンにはほかにも、おいしい飲み方があります。いくつか紹介しましょう。

【アブサンカクテル】

おすすめ情報

関連情報

リキュールの基礎知識