本気でワインのプロになる!J.S.A.ソムリエ、J.S.A.シニアソムリエ

本気でワインのプロになる!J.S.A.ソムリエ、J.S.A.シニアソムリエ

ワインに詳しくなりその魅力にはまりつつある人は、もっと知りたい意欲が沸いてきていることでしょう。ワインには、自分の現在の知識の深さを確認できるさまざまな検定があります。今回紹介するJ.S.A.ソムリエ、シニアソムリエを受験するには「まだまだ知識が足りない」という人も、いつかはチャレンジする日がくるかもしれませんよ。

  • 更新日:

J.S.A.ソムリエ、シニアソムリエとは?

karelnoppe/ Shutterstock.com

一般社団法人日本ソムリエ協会(以下J.S.A.)とは、ワインに携わる人の資質の向上とワインを中心とした飲料に関する知識の普及、サービス技術の向上などを行い、これらの事業を通じて食文化の向上やワインに携わる人の社会的な向上などを目的に設立されました。

J.S.A.では、ソムリエなどの育成、講習会や研究会の開催、資格認定事業なども行っています。いくつかある資格認定試験のうち、ここではソムリエとシニアソムリエを紹介します。

まず、ソムリエについて。J.S.A.が考えるソムリエとは、飲食、ワイン、酒類、飲料の仕入れ、管理、輸出入、流通、販売、教育機関、酒類製造のいずれかにの属し、ワインを中心とする酒類、飲料、食全般の専門的知識やテイスティング能力を有するプロフェッショナルをいいます。

ソムリエの役割は、ただ、ワインを提供するだけでなく、商品についての適切な紹介とサービスを中心に、啓蒙、普及、研究、教育を目的とした専門的なアドバイスなども入ります。J.S.A.で定められた定義、役割、求められる能力に適しているとみなされた人のみが、ソムリエとして認定されるのです。

ちなみに、J.S.A.ソムリエの資格認定試験を受けるには以下の資格が必要です。アルコール飲料を提供する飲食サービス、ワイン・酒類飲料の仕入れ、管理、輸出入、流通、販売、教育機関講師、酒類製造、アルコール飲料を取り扱うコンサルタント業務を通算3年以上経験し、第一次試験日においてもこの職業についている人が認定試験を受けることができます(一般の場合。J.S.A.会員の場合は別)。

シニアソムリエは、さらに受験資格が厳しくなります。まず、J.S.A.ソムリエおよび、J.S.A.ワインアドバイザーに認定されていること。アルコール飲料を提供する飲食サービス、ワイン・酒類飲料の仕入れ、管理、輸出入、流通、販売、教育機関講師、酒類製造、アルコール飲料を取り扱うコンサルタント業務を通算10年以上経験し、第一次試験日においてもこの職業についていることが必要です。

実際に職業としてワインに携わっている人が、今以上にワインの専門知識と技術、サービス向上などを目指して受験するのがJ.S.A.ソムリエとシニアソムリエ認定試験です。

一般社団法人日本ソムリエ協会

認定試験とはどんなもの?

Chiyacat/ Shutterstock.com

ワインのプロフェッショナルを目指す認定試験は、どんな試験を行うのでしょうか?

J.S.A.ソムリエの場合は、三次試験まであります。一次試験は、指定の教本より問題が出題されます。二次試験は、テイスティングと論述試験。三次試験は、サービス実技としてワインの開栓およびデカンタージュを行います。J.S.A.シニアソムリエも同様です。

厳しい筆記試験と実技試験を勝ち抜いた人には、ブドウをかたどったゴールドの認定バッジが進呈されます。このバッジの輝きこそプロフェッショナルのあかしです。

誰でも受験できる認定資格ではありませんが、ワインを職業にしてみたい、と思っている人がいたら、勉強する価値は大いにありますね。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識