ワインは冷やすのが正解? 常温がおいしい?

ワインは冷やすのが正解? 常温がおいしい?
出典 : George Dolgikh/ Shutterstock.com

  • 更新日:

白ワインは冷やす、赤ワインは冷さないもの?

Mariyana M/ Shutterstock.com

ワインを飲むとき、冷やした方がいいのか、冷やさない方がいいのか、悩んだことがある人は多いと思います。よく「白ワインは冷やして、赤ワインは常温で」と言われますが、実際のところはどうなのでしょうか?

ワインの適温はそのワインによって異なりますが、一般的に白いワインやロゼなら、10度前後がおいしく飲める温度といわれています。さっぱりした酸味の強い白ワインはよく冷やした方が味わいが引き立ちますので、飲む前に冷蔵庫で1~2時間冷やすか、ワインクーラーで冷やしてからいただきましょう。スパークリングワインなど発泡性のワインなら、さらに冷やした5度位がおすすめです。

赤ワインの場合は、そのタイプによって適温が変わります。一般的にはボディがしっかりしたワインなら、18度前後が飲み頃。冷たすぎると渋みが立ってしまうので、冷やしすぎには注意が必要。また、フルーティーなタイプなら、15度前後と少し冷やした方がおいしくいただけます。ボディが軽いボージョレーヌーボーなら、さらに低く12度くらいがおすすめです。

ワインにおける「常温」の考え方

Kondor83/ Shutterstock.com

このように、ワインの適温はワインの種類やタイプによって異なります。「赤ワインは常温で」と言っても、夏の常温と、冬の常温では温度が違うもの。ちなみにワインを保存するときの一般的な温度は、13度前後といわれています。ワインセラーなどもこのくらいの温度に設定されているため、紹介したそれぞれの適温にするためには、室温において少し温度を上げる、または冷やすなどのひと手間が必要となってきます。

しっかり冷やすときに使いたいツール

Africa Studio/ Shutterstock.com

ちなみに、ワインを冷やすには冷蔵庫があれば十分ですが、開栓したワインを冷たいままキープするには、ワインクーラーがあると便利です。最近では洗練されたデザインのワインクーラーも多いので、食卓もいっきに華やぎます。

ワインクーラーを使うときは、ワインのラベルが隠れるくらいまで氷を入れてから、水を入れましょう。早く冷やしたいときは、塩を少し入れてください。ワインクーラーに入れるとだいたい1分に1度くらいずつ温度が下がりますので、適温になる時間を逆算して、ワインをワインクーラーに入れましょう。より正確に適温に近づけるなら、100円ショップなどで売られている温度計を使って、温度を測ってみるのもおすすめです。

ワイン本来の味を引き出すためにも、ワインの温度はとても重要です。ワインのタイプごとに大まかな適温を知っておけば、いつでもおいしい状態でワインをいただくことができますので、ぜひ覚えておいてくださいね。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識