【保存版】ワインのおいしさを持続させる保管方法とは

【保存版】ワインのおいしさを持続させる保管方法とは
出典 : Christian Delbert / Shutterstock.com

ワインの保管方法は、おいしさを左右する重要な要素です。未開栓(未開封)でも品質を保ち続けるためには、温度や湿度の変化、紫外線、振動、匂い移りなど、気を配るべきことがたくさんあります。今回は、ワインの保管方法の基本や開栓後のワインの保存方法について紹介します。

  • 更新日:

ワインの保管方法の基本

S_Photo / Shutterstock.com

瓶詰め後も熟成が進むワインには「腐る」という概念がありませんが、ワインの品質を保つためには、さまざまな条件に気をつけて保管する必要があります。とくに重要なポイントは、以下の通りです。

温度|温度変化を避け13〜15度に保つ

ワインを保管するうえで、温度はもっとも重要な要素のひとつです。理想的な温度は、13~15度程度。保管の際の温度が低すぎても高すぎても、劣化の原因となります。また、急激な温度の変化もワインを変質させる可能性があるため、温度変化の少ない場所が望ましいといえます。

光|紫外線が当たらない暗所で保管

日光や蛍光灯などの紫外線はワインを変質させ、香りなどを損なう可能性があります。そのため、ワインは光が当たらない暗い場所で保管するようにしましょう。

湿度|理想的な湿度は70〜80%

ワインを保管する際、湿度は70~80%が理想です。コルク栓は微量の空気を透過させゆっくりとワインを熟成させる働きがありますが、湿度が低すぎるとコルク栓が縮んでワインが急激に酸化してしまいます。また、湿度が高すぎると、ボトルのラベルにカビが生える可能性があります。

振動|無振動の保管場所を選ぶ

振動もワインを変質させ、香りを不安定にさせてしまうことがあります。ワインに振動を与えないよう、平穏な場所に保管するようにしましょう。

匂い|匂いの強いものを近づけない

ワインは、コルク栓を通じて外部の匂いを吸収してしまいます。ワインの香りを損なわないために、匂いの強いものの側で保管することは避けましょう。

ボトルを寝かすのはOK?

コルク栓のワインの場合には、ボトルを寝かせておくことでコルクの乾燥を防ぎ、ワインが急激に酸化するのを防ぐことができます。

未開封のワインの保管方法

Africa Studio/ Shutterstock.com

未開封のワインを自宅で保管する場合には、どのような点に留意し、どのような場所を選んで保管すればよいのでしょうか。ここでは、未開封ワインの自宅での保管方法を紹介します。

短期保管の方法は季節により異なる(夏場・冬場)

ワインの品質を損なわずに保管するためには、温度や光、湿度といった条件を、先に紹介した理想的な状態に保つ必要があります。ワインセラーを使用せずに保管する場合、まずはワインボトルを新聞紙などで包み、光を遮断するとよいでしょう。

その際、乾燥しないようにキャップシールの部分をラップで巻き、輪ゴムなどで留めるとさらに安心です。

また、日本は四季による違いが大きいので、季節ごとに最適な保管場所をみつけることが重要です。夏場と冬場は、それぞれ以下のような保管場所が望ましいでしょう。

【夏場の保管方法】
冷蔵庫の野菜室が、温度が高すぎず低すぎず比較的おすすめです。もしくは、床下や北側の部屋の押し入れなど、なるべく涼しくて光が入らない場所に横に寝かせて保管します。

【冬場の保管方法】
リビングや寝室は避けて、暖房が効いていない場所を選んでください。ただし、温度が低すぎる場所では果実味が抜けてしまうおそれがあるので、その場合は冷蔵庫の野菜室のほうが望ましいといえます。

長期保管にはワインセラーがおすすめ

ワインをよい状態で保管するためには多くの条件をクリアする必要があり、自宅で最適な状態を維持するのは難しいかもしれません。一年以上の長期間ワインを保管する場合は、ワインセラーを利用するのが理想的です。

ワインセラーと一口にいっても高額なものからカジュアルな価格帯のものまで幅広く販売されていて、小型のワインセラーでは1万円台から購入できるものもあります。また、自宅にワインセラーを導入するのが難しい場合は、ワインを適切な環境で保管してくれる保管サービスを利用するのもひとつの方法です。

開栓後(抜栓後)のワインの保存方法

Africa Studio/ Shutterstock.com

開栓後のワインは酸化が一気に進むため、劣化しにくい液体用容器である「BIB(バッグインボックス)」のワインなどでない場合は、なるべく早く飲むのがおすすめです。また、少しでもおいしさをキープできるよう、保存の仕方に注意する必要があります。

開栓後のワインの保存は冷蔵庫へ

開栓後のワインの品質をできるだけキープするためには、低い温度で保存することが大切です。ワインの酸化のスピードを遅らせ、また微生物の繁殖を防ぐためにも、開栓後のワインは必ず冷蔵庫に入れて保管しましょう。

開栓後のワインをおいしく飲める目安はワインの種類やボトルに残っている量などによっても異なりますが、長くても一週間以内には飲み切るようにします。

開栓後のワインは空気に触れさせないように

低温で保存することに加え、飲み残したワインのおいしさをキープためのポイントは、できる限りワインを空気に触れさせないようにして酸化を遅らせることです。飲み残したワインは、ボトルにしっかりと蓋をして密閉することが大切です。また、ボトルの中の空気とワインが触れる面を減らすため、寝かせずに立てて保存しましょう。

ボトル内の空気を抜いて真空に近い状態にしたり、飲み残しを小さな瓶に移し替えてワインボトル内の空気容量を減らしたりするのも有効な方法です。

あらかじめ飲み残すことが予想される場合には、清潔な空きペットボトルにワインを移し入れ、ペットボトルを少し潰しながら液面をあふれる直前まで上昇させてキャップを閉めて保存する、というテクニックもあります。一時的な保存方法ではありますが、こうした工夫でもワインが空気に触れるのを防ぎ、劣化を抑えることができます。

また、ワインを空気から遮断し、酸化を抑えるための便利アイテムも多く市販されているため、これらを使用するのもおすすめです。

空気を遮断する道具

ワインのボトルに蓋をし、空気を遮断するためのワインストッパーは、さまざまな素材や価格のものがあります。手ごろな価格のものではシリコン製やコルク製のワインストッパーがありますが、これらは密閉性が高くないため、数日中に飲み切れる場合に使用するとよいでしょう。

このほか、ワインストッパーにはポアラー(注ぎ口)と一体型になっているものや、日付管理機能がついているものなど、高い機能性をもつものもあります。また、ワインを空気から遮断し酸化を防ぐためのアイテムとして、窒素ガスを充填するというものもあります。以下の製品は、とくに人気の高いアイテムです。

◆バキュバン
ボトル内の空気を外に出し、真空状態にしてワインの酸化を抑える「真空ポンプ機能」があるワインストッパーとして人気なのが「バキュバン」です。使い方はかんたんで、ボトルにストッパーをはめ、手動でポンプを押して空気を抜くだけ。完全に真空にできるわけではないものの酸化を遅らせるのに役立ち、一週間ほどはワインをおいしくたのしめます。

◆コラヴァン
「コラヴァン」は、コルクを開けずに専用のニードルを通してワインを注ぎ、注いだ分だけ窒素ガスがボトル内に注入されるというアイテム。やや高額ですが、しっかりと空気を遮断し比較的長期間ワインの味わいを保つことができるため、こだわりの強い人におすすめです。

スパークリングワインの保管方法

itor/ Shutterstock.com

未開栓のスパークリングワインを保管する際は、スティルワイン(非発泡性ワイン)と同様、温度や湿度、光などの条件を整える必要があります。開栓後も「冷蔵庫で保存する」「酸化を防ぐ」といったポイントはスティルワインと同じですが、スパークリングワインの保存ではできるだけ炭酸が抜けるのを防がなくてはなりません。

開栓後のスパークリングワインの保存におすすめなのが、シャンパンストッパーです。シャンパンストッパーには、ワンタッチで簡単に装着できるものや加圧式のもの、ポアラータイプのものなどさまざまな種類があります。シャンパンストッパーを使用すれば、2~3日程度はおいしさを保てるでしょう。

なお、ボトル内の空気を抜くスティルワイン用のストッパーは、炭酸が抜けてしまうため注意が必要です。また、専用のアイテム以外のもので栓をするのは、思わぬ事故につながる可能性があります。シャンパンストッパーなどがない場合は、ボトルの口をラップで包んで輪ゴムを巻くなどし、翌日には飲み切るのがおすすめです。


未開封のワインを保管する際は温度や湿度などさまざまな条件に配慮する必要があります。長期間の保管にはワインセラーが理想的です。また、開封後はなるべく早く飲むのがおすすめですが、酸化を遅らせるにはストッパーなどのアイテムが役立ちます。

おすすめ情報

関連情報

ワインの基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事