ワインの甘口と辛口ってホントのところ、どうやってわかるの?

ワインの甘口と辛口ってホントのところ、どうやってわかるの?
出典 : Africa Studio:/ Shutterstock.com

  • 更新日:

ワインの甘口と辛口

freeskyline/ Shutterstock.com

ワインには、赤・白ともに、甘口と辛口のものがあります。それでは、この味わいはどのように作られるのでしょうか? じつはワインの甘口と辛口は、発酵による「残糖度」によって変わります。ワインはブドウを発酵させてつくりますが、この際ブドウが持つ糖分がアルコールに変わる度合によって、その味わいも変わるのです。

簡単にいうと、糖分のほとんどがアルコールに変わり「残糖度」が少なくなったワインが辛口。逆に糖分がアルコールに変わりきらないうちに発酵を止め、「残糖度」を高くしたワインが甘口ワインになります。ちなみにEUではワインの味に規定を設けており「残糖度」が1リットル当たり4グラム以下のワインを辛口と定義しています。

甘口ワインの中には「デザートワイン」と呼ばれる極甘口のワインもあります。極甘口のワインにはとても糖度の高いブドウを使用して造られたものや、途中で発酵を止めたもの、糖分を加えたものなどがあり、食前酒や食後酒としても愛飲されています。

ワインの味わいを表現する「ボディ」について

Africa Studio/ Shutterstock.com

甘口、辛口のほか、ワインの味わいを表す言葉として「ボディ」があります。「ボディ」はおもに赤ワインで使われる表現で、ワインの重みやコクを表しています。「ボディ」はアルコール度や果実味・タンニンや有機酸、糖分などの成分によって変わりますが、この成分が強いワインが「フルボディ」、弱いワインが「ライトボディ」、その中間が「ミディアムボディ」と呼ばれます。

渋みと濃厚な味わいを持つ「フルボディ」のワインは樽で熟成させるなど手間暇をかけて造られたワインが多いのが特徴。また、「ライトボディ」は軽く、飲みやすいのが特徴で、アルコール度数が低いものも多くなっています。その中間となる「ミディアムボディ」は、重すぎず、軽すぎずという味わい。いろいろな料理と相性がよい、バランスの良い味わいです。

このように、ワインの味わいは甘口か辛口かだけでなく、ボディによっても異なります。お好みのワインを見つけるときに、ぜひ参考にしてくださいね。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識