「サンセール」「プイィ・フュメ」のワインを代表に持つ「ロワール」

「サンセール」「プイィ・フュメ」のワインを代表に持つ「ロワール」
出典 : Alexander Demyanenko

  • 更新日:

ロワールのワインの魅力と歴史

ロワールのワインの魅力と歴史

leoks / Shutterstock.com

全長およそ1000キロメートル、フランス最長の大河、ロワール河。悠々と流れる川の恵みを受けた流域には、美しい古城や葡萄畑が点在しています。そののどかで美しい景観は、世界遺産として登録されています。

ロワール流域のブドウ畑は広範囲に分散しているため、テロワールの多様性や数多い様々な品種によって、あらゆるタイプのワインが揃っているといえます。誤解を恐れずロワールワインの特徴を一言でいえば、「多彩、良質、安価」といえるでしょう。

産地は河口周辺のナント周辺地区、下流域のアンジュ&ソミュール地区、中流域のトゥーレーヌ地区、上流域の中央フランス地区の4つで構成され、それぞれの個性を持っています。

大西洋沿岸に位置する白ワインの名産地ミュスカデ

大西洋沿岸に位置する白ワインの名産地ミュスカデ

Altitude Drone / Shutterstock.com

ロワール河の最下流に位置するナント市周辺の地区。ミュスカデとは産地の名前でもあり、同時にブドウの名前でもあります。海に近いため海洋性気候で、片岩、花崗岩、沖積岩の土壌から、ミュスカデ種が盛んに栽培されています。

旨味を高める目的で、製造過程で発生した滓をそのまま残し寝かせる「シュール・リー製法」が多く採用されています。ミュスカデは、クリアなグリーンがかった色合いをしており、柑橘系やハーブを思わせる清涼感のある香りが特長。フレッシュできゅっと酸味が効いた軽やかな味わいの後にほのかなミネラルを感じます。魚介類や和食とも合う、親しみやすい辛口の白ワインです。

ミネラル豊かなワインができる海洋性気候のアンジュ&ソミュール

ミネラル豊かなワインができる海洋性気候のアンジュ&ソミュール

Altitude Drone / Shutterstock.com

ロワール河の下流に位置するアンジェ市とソミュール市周辺地区。豊かな四季があると同時に、ロワ―ル川により生み出される気候により、高品質なワインを生産するのに適した土地として知られています。石灰岩からなるさまざまな土壌をもつこのエリアでは、ワインの気品や繊細さの基盤となる酸やミネラルがもたらされるため、独特のエレガントさを備えたワインが造られます。

「フランスの庭園」とも呼ばれる風光明媚なトゥーレーヌ

おすすめ情報

関連情報

ワインの基礎知識