からだにうれしい新習慣!甘酒を飲んで体の中からキレイに 

からだにうれしい新習慣!甘酒を飲んで体の中からキレイに 

  • 更新日:

カラダにも美容にもいい! 発酵食品の力

norikko/ Shutterstock.com

発酵食品と聞いてどんなものを思い出しますか? 納豆や味噌、ヨーグルトなどでしょうか? 発酵食品は保存もきいて、腸内環境を整える健康に役立つ食品として、また肌の調子がよくなったり体の不調も軽減するなどの効果が期待できるとあって、健康や美容に気を遣う人の注目の的です。

ちなみに、食品を発酵させるには、青カビなどのカビ、ビール酵母などの酵母、乳酸菌などの細菌などの微生物が必要です。このひとつに「麹」があります。「麹」は、米や麦などの穀物や豆類を発酵させる「コウジカビ」を繁殖させたもの。米を発酵させると「米麹」、麦を発酵させると「麦麹」、豆なら「豆麹」となり、味噌などに使われます。とくに米麹は、醤油や酢、みりん、清酒、焼酎、甘酒などの製造に使われ、日本の食文化にはかかせない存在です。

米麹でできた甘酒で、めざせ発酵美人!

日々の食生活でも米麹を取ることはできますが、より手軽に摂れるのが甘酒です。甘酒の歴史は古く、「日本書記」には甘酒の起源とされる「天甜酒(甘のたむざけ)」の記述があります。江戸時代には、暑い日のカロリー補給や水分補給として飲まれていたそうです。そのためか、俳句では「甘酒」は夏の季語です。

温かくてトロリとした甘酒を想像する人も多いと思いますが、最近ではサラリと飲みやすいものやノンアルコールなど様々なタイプがあります。夏は冷たくしてヨーグルトドリンクやスムージーのように朝食に飲む人が増えてきています。また、腹持ちがいいので小腹がすいたときやおやつ時にもぴったり。気軽に飲んで、簡単にきれいになりましょう!

国産にこだわったノンアルコール甘酒

やさしい米麹甘酒(黄桜)

日本酒でも有名な黄桜が自社製の米麹と国産米で造った甘酒です。米麹の自然な甘さで、砂糖は加えていません。ソフトな香りで、さらりとした飲み心地です。ノンアルコール。

自然な甘味が料理にもぴったり

糀あまざけ(盛田株式会社)

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識