飲み方次第で初心者も飲みやすい! バーボン入門編

飲み方次第で初心者も飲みやすい! バーボン入門編

  • 更新日:

バーボンとはどんなウイスキー?

Evgeny Karandaev/ Shutterstock.com

ウイスキーは、原料や蒸留方法などで基本的に2種類にわけられます。それは、モルトウイスキーとグレーンウイスキーです。蒸留方法がグレーンウイスキーとほぼ同じなのがバーボンです。

アメリカのウイスキーの生産量の約半分を占めているバーボンは、アメリカの法律で「原料の穀物中にトウモロコシを51%以上含み、80度以下で蒸溜し、さらに内面を焦がしたホワイトオークの新樽で、アルコール度数62.5度以下で熟成したもの」と定義されています。このうち2年以上貯蔵されたものが、ストレートバーボンウイスキーを名乗ることができます。

ちなみにバーボンの熟成に使用されるバーボン樽は、内側を焦がした新樽しか使えないため、1度利用したバーボン樽はスコッチなどの熟成に再利用されることになります。

連続式蒸留機を使って蒸留されるバーボンは、赤みがかった色味と力強い味わいが特徴。一般的にスコッチウイスキーやアイリッシュウイスキーに比べクセがなく、初心者にも比較的飲みやすいウイスキーとしても親しまれています。

ここでは、初心者にもおすすめしたいバーボンといえばこれ!という銘柄を紹介します。

バーボン市場の4割を占める「ジムビーム」

monticello/ Shutterstock.com

「ジムビーム」は、コマーシャルや映画などでも見かけるので、ロゴやボトルに見覚えがあるのではないでしょうか? バーボン市場の4割を占めるといわれる人気銘柄です。創業者はドイツから移住してきたヨハネス・ヤコブ・ビーム氏。英語読みでジェイコム・ビームと名のっていたそうです。1795年には蒸留を始め、200年以上に渡りバーボン造りを続けています。

ジムビームの名は、4代目ジェームズ・B・ビーム氏の愛称です。6代目のブッカ―・ノー氏は革新者の異名をとるマスターディスティラー。プレミアムバーボンを世に出した立役者です。

多くの人々に愛されているジムビームは、ライトな味わいからストレートでもロックでも、また水割りやソーダ割りでもおいしく飲めるバーボンです。

10種類の原酒で造る「フォアローゼズ」

Stanimir G.Stoev/ Shutterstock.com

真っ赤なバラのラベルが印象的なバーボンボトル。こちらも、映画などでもよくみかける銘柄です。

トウモロコシとライ麦を通常より多めに、また、ここに5種類のオリジナル酵母を組み合わせて10種類の原酒を造ります。手間暇かけた原酒を混合してできるのがこの1本です。上質なチョコレートのような味わいを持ち、飲み口はライト。ストレート、ロック、水割りに加え、カクテルで飲んでも飲み空きない味わいです。

創業者ポール・ジョーンズ氏がラベルの4輪のバラに込めたのは奥さんへの愛。ある舞踏会でプロポーズした彼に、彼女が「次の舞踏会まで返事は待って。プロポーズを受けるときは、バラのコサージュをつけていきます」と答えたことがきっかけだそう。創業者夫婦のエピソードを思うと、異性と一緒に杯を傾けたくなりますね。

赤い封蝋がトレードマーク「メーカーズマーク」

おすすめ情報

関連情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識