ご当地メニュー「いか飯風炊き込みおこわ」をおうちで再現!

 ご当地メニュー「いか飯風炊き込みおこわ」をおうちで再現!

【簡単おつまみレシピ】今回は、お正月用に買っておいた餅を使って、お手軽に炊き込みおこわ(炊き込みごはん)を作るレシピを紹介します。肝心な味付けも、缶詰の煮汁を使って簡単に。ビールや日本酒、ワインに合わせるアレンジのコツも参考にして!

  • 更新日:

いか飯風炊き込みおこわは、炊飯器を使って手軽に!

北海道のご当地メニュー、いか飯が好きな人にぜひ作っていただきたい、お手軽炊き込みおこわ(炊き込みごはん)のレシピを紹介します。いか飯というと、生のいかにもち米を詰めて、煮汁で炊いて…とややハードルが高いメニューですが、今回は市販のいか味付け缶詰と切り餅を使って作ります。味付けは缶詰の煮汁だけなので、誰でもおいしくできますよ。拍子抜けするほど簡単なので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

いか飯風炊き込みおこわの材料と作り方

【材料/2~3人分】

米…1合
いか味付け缶詰…1缶(190g)
切り餅…1個
水…適量 ※缶詰の煮汁すべてと水を炊飯器の目盛にそった分量を加える。
生姜…1/2かけ

【作り方/5分(米の浸水時間と炊飯時間を除く)】

【1】米は研いで水につけ、30分ほど置いて浸水させる。切り餅は8等分ほどの角切りにする。缶詰のいかは包丁で小さめに刻む(汁は使うので捨てないこと)。生姜は千切りにする。

【2】炊飯器の内釜に、水気を切った米、いか、切り餅を入れ、缶詰の汁をすべて注ぎ、炊飯器の目盛までの水を加える。

いか飯風炊き込みおこわの材料と作り方

もち米を使わず、切り餅をいっしょに炊くことで簡単におこわができます。

【3】通常通りに炊飯する。炊き上がったら生姜を加えて、全体を混ぜる。

【4】炊き上がったいか飯は小さめに握って、片手で食べられるおつまみに。オーブントースターなどで焼けば、さらに香ばしさが際立ちますよ。

【アレンジ】

アレンジするなら、薬味をたっぷり入れて〆のお茶漬けを。番茶やほうじ茶をかけてさっぱりとどうぞ。

いか飯風炊き込みおこわの材料と作り方

器などにこだわれば、さながらお店のような味と見た目に。

お酒に合わせた、いか飯風炊き込みおこわのアレンジ

ビールに合わせるなら

生姜を省き、熱々な状態にバターをのせ、黒胡椒をふりかけて食べてみましょう。

日本酒に合わせるなら

生姜の代わりに刻みわさびや柚子胡椒を加えても。

ワインに合わせるなら

仕上げにパルミジャーノをふりかけてどうぞ。

ライタープロフィール

野口英世

料理研究家、フードスタイリストとして、テレビや雑誌、新聞、広告などで活躍中。無理や無駄のない、作り手重視の効率的なレシピとスタイリングアイデアが人気となっている。近著は「turkフライパンクックブック」「使いやすい台所道具には理由がある」(共に誠文堂新光社)など。
2022年 フード イベントカレンダー【全国版】

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事