簡単滋味な煮物おつまみ「ナスの生姜煮」

簡単滋味な煮物おつまみ「ナスの生姜煮」

【簡単おつまみレシピ】今回は、おつまみにも副菜にもぴったりな煮物のレシピを紹介します。調味料を入れて10分ほど煮るだけの簡単なメニューなので、ぜひチャレンジしてみてください。ビールや日本酒、ワインに合わせるアレンジのコツも参考にして!

  • 更新日:

そのまま食べても、アレンジしてもおいしい煮物おつまみ「ナスの生姜煮」

温めても冷やしてもおいしいナスの煮物。少ない調味料で10分ほど煮るだけと簡単で、作り置きのおつまみにしても便利ですよ。

コツは、ナスがしっかり並ぶサイズの鍋を使うこと。それだけで味と火の通りを均一にできます。そして、少ない調味料で煮含めるために、落とし蓋と鍋蓋を使うこと。落とし蓋は厚手のキッチンペーパーやオーブンシートを放射状に折りたたんで、中心部分と鍋のサイズに合わせた半径でカットすれば、簡単に用意できますよ。ほっとする煮物おつまみ、ぜひ試してみてください。

「ナスの生姜煮」の材料と作り方

【材料/2人分】

ナス…2本(約200g)
めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ2 ※醤油…大さじ1、みりん…大さじ1/2、酒…大さじ1/2、砂糖…小さじ1で代用してもOK。
水…大さじ5
すりおろし生姜…少々
生姜(細切り)…少々

【作り方/15分】 

【1】ナスはヘタを切り落として縦半分に切り、皮面に半分の深さまでの切り込みを細かめに入れる。

「ナスの生姜煮」の材料と作り方

細かめに切り込みを入れることで、味がしっかり浸みこみます。

【2】鍋にめんつゆ、水、すりおろし生姜を入れて軽く混ぜる。

【3】ナスの皮面を上に、重ならないよう並べ入れる。その上からキッチンペーパーもしくはオーブンシートで作った落とし蓋、鍋蓋をして、中〜弱火で10分ほど煮る。お好みで細切りにした生姜をのせて出来上がり!

【アレンジ】

アレンジするなら、ゆでた素麺にナスの煮汁をかけ、ナスの生姜煮をトッピングした一品を。〆やランチにもおすすめです。

「ナスの生姜煮」の材料と作り方

ヘルシーでおいしい素麺はランチメニューにもぴったり!

お酒に合わせた「ナスの生姜煮」のアレンジ

ビールに合わせるなら

ナスの生姜煮をバターで焼いて、ナスのステーキにしても。

日本酒に合わせるなら

大葉の千切りといっしょに豆腐にのせて。

ワインに合わせるなら

ナスの生姜煮を冷やして、角切りにしたトマト、ちぎったバジル、オリーブオイルをかけて爽やかにいただいてみましょう。

ライタープロフィール

野口英世

料理研究家、フードスタイリストとして、テレビや雑誌、新聞、広告などで活躍中。無理や無駄のない、作り手重視の効率的なレシピとスタイリングアイデアが人気となっている。近著は「turkフライパンクックブック」「使いやすい台所道具には理由がある」(共に誠文堂新光社)など。
2022年 フード イベントカレンダー【全国版】

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事