乾き物で作るいか焼き風おつまみ「さきいかピカタ」

乾き物で作るいか焼き風おつまみ「さきいかピカタ」

【カンタンおつまみレシピ】大阪の「いか焼き(イカ焼き)」をイメージしたおつまみを、乾き物で残ったさきいかを使って作ってみましょう。いつものさきいかとは違う味わいがたのしめますよ。ビールや日本酒、ワインに合わせるアレンジのコツも紹介します!

  • 更新日:

かけるソースをアレンジするのもたのしいおつまみ

乾き物おつまみの代表格、さきいか。今回は、そんなさきいかを使って作るカンタンおつまみを紹介します。仕上げのソースと青のりで、粉物料理のいか焼きをイメージしたおつまみレシピですが、シンプルに塩や七味唐辛子をふりかけるだけでもおいしいですよ。その他、【アレンジ】で紹介しているフレッシュトマトソースをかけたり、ゴマ油で焼いてみたり、お酒に合わせて組み合わせをたのしんでみてくださいね。

材料と作り方

【材料/1~2人分】

さきいか…60g
卵…1個
薄力粉…大さじ1
粉チーズ…大さじ1
水…大さじ2
油…大さじ1
青のり…適量
ソース…適量

【作り方/10分】

【1】さきいかはキッチンバサミで3〜4センチの長さに切り、水をかけてしんなりさせておく。

【2】卵、薄力粉、粉チーズを混ぜて、【1】のさきいかを加えて混ぜる。

【3】フライパンを中火にかけ、油を入れる。【2】の生地を食べやすいサイズに、薄く広げるようにして入れ、両面をこんがり焼いていく。

【4】仕上げに青のり、ソースをかけて出来上がり!

材料と作り方

まずはソースをかけて、いか焼き風に味わってみましょう!

【アレンジ】

アレンジするなら、トマトでさっぱり、洋風仕立てのソースを作ってみましょう。刻んだトマト…1/2個、塩…少々、粗みじん切りにしたイタリアンパセリ…適量、オリーブオイル…少々を混ぜてフレッシュトマトソースの出来上がりです。

材料と作り方

フレッシュトマトソースをかければ、ワインにも合うおつまみに。

お酒に合わせたアレンジ

ビールに合わせるなら

さらに辛子マヨネーズをかけて、B級グルメ感を演出してみましょう!

日本酒に合わせるなら

ゴマ油で焼いて、出来上がりに小ネギをちらし、ポン酢をかけて食べてみましょう。かつお節をふってもおいしいですよ。

ワインに合わせるなら

焼いた薄切りバゲットにさきいかピカタをのせ、アレンジで紹介したトマトフレッシュソースをかけ、お好みでレモンを搾ってどうぞ。

ライタープロフィール

野口英世

料理研究家・フードスタイリスト

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事