横浜ビール・人気の缶ビールシリーズ 第3弾「ハマクロ」が2022年3月に発売開始

横浜ビール・人気の缶ビールシリーズ 第3弾「ハマクロ」が2022年3月に発売開始

横浜の老舗クラフトビールメーカー・横浜ビール(神奈川県横浜市)が、缶ビールシリーズ第3弾目となる「ハマクロ」の販売を2022年3月に開始します。黒ビールの概念を超える味わい、クラフトビールの深い味わい、横浜の新旧を表現したデザイン。味はもちろん、見た目にもたのしい魅力的な缶ビールの誕生です。

  • 更新日:

地元に愛される味をそのままに

発売1周年を迎えたばかりの横浜ビール・缶ビールシリーズは、現在、第1弾「横浜ラガー」と第2弾「横浜ウィート」が発売中。
その第3弾となる「ハマクロ」は『黒ビールのイメージを覆す軽快さ』をコンセプトに醸造された"セッションブラック IPA"というスタイルのビールです。このビールは元々、横浜赤レンガ倉庫で毎年開催されているビールイベントに合わせて醸造されていました。横浜ならではのお祭りでたのしまれてきた「ハマクロ」は、横浜ビールが“街のビール屋”として大切にしている、地域と人の繋がりが表現されたビールといえそうです。

地元に愛される味をそのままに

限定発売時、一躍人気に

IPAらしい柑橘のようなホップの華やかな香りと、ほんのり感じるモルトのロースト感が心地良い味わいの「ハマクロ 」。2021年11月にビアバーなどで限定発売された時には、『黒ビールなのに何杯も飲めて驚いた』『このビールで黒ビールにハマりそう』『こんな美味しい黒ビールを初めて飲んだ!』といった評価の声が、各地であったといいます。

横浜ビール 醸造長からのコメント

地元に愛される味をそのままに

また、横浜ビール 深田醸造長は「クラフトビールファンからそうでない人にも、黒ビール好きにも、黒ビールがちょっと苦手な人にも飲んで頂きたいビールです。ハマクロが黒ビールにハマるきっかけになれば良いなとも思い醸造しました。」と造り手としての思いをコメントしています。

横浜愛あふれるスタイリッシュなデザイン

横浜愛あふれるスタイリッシュなデザイン

横浜愛あふれるスタイリッシュなデザイン

表はモノクロに、裏にはカラーで横浜浮世絵が使用され、今回使用された「横浜交易西洋人荷物運送之図」が存在感を放ちます。交易で賑わう横浜港のありさまが描かれており、新旧のどちらの良さも兼ね備えている横浜の魅力を表現したデザインとなっています。

商品概要

商品概要

商品名:「ハマクロ」
容量:350ml
アルコール度数:4.5%
STYLE:SESSION BLACK IPA
希望小売価格:350円(税別)

横浜ビールについて

横浜ビールについて

23年目を迎えた「横浜ビール」は、横浜市内で最も古くからあるクラフトビールメーカーです。ビールを通して、地元の生産者や飲み手の方々との繋がりを大切にしている「横浜ビール」。“街のビール屋”として街づくり、スポーツなどたくさんのワクワクを届けることを目指しています。

>> 公式ホームページ
>> 通販サイト

facebook:@yokohamabeer
instagram:@yokohamabeer
twitter:@beer_yokohama
note:@yokohamabeer

※今回お届けした情報は記事執筆時点のものです。ご利用の際は状況が異なる場合がありますのでご注意ください

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

ビールの基礎知識