「TERRADA WINE MARKET」がボルドープリムール2019の特別販売を開始!

「TERRADA WINE MARKET」がボルドープリムール2019の特別販売を開始!

寺⽥倉庫が運営するワインマーケットサイト「TERRADA WINE MARKET」にて、「ボルドープリムール2019」の特別販売が開始されました。

  • 更新日:

厳選されたワインをリーズナブルに。「ボルドープリムール2019」特別販売

厳選されたワインをリーズナブルに。「ボルドープリムール2019」特別販売

King Ropes Access/ Shutterstock.com

寺田倉庫が運営する「TERRADA WINE MARKET」は、厳選されたインポーター・酒販店のみが出店するECサイト。日本における「プリムール」販売のパイオニアである株式会社徳岡とフランスの老舗ワイン商であるルグラン社の協力により、昨年に続いて今年も「ボルドープリムール2019」の特別販売が実現したそうです。

今回は人気の高い生産者のワインが追加されるなどラインナップを拡充。優れたヴィンテージでありながら1本・3本・6本の単位でリーズナブルに購入でき、オプションで月額1本90円から保管ができるオンラインサービス「TERRADA WINE STORAGE ONLINE」に預けることもできます。

熟成中のワインを先行販売!「プリムール」とは?

熟成中のワインを先行販売!「プリムール」とは?

Parilov/ Shutterstock.com

プリムール(Primeur)とは、フランス語で「新酒」を意味する単語。例年、秋に収穫された葡萄で造られたワインは、その2~3年後(2019年ヴィンテージの場合は2022年以降)に出荷されますが、「ボルドープリムール」は、この将来瓶詰されるワインの予約販売のことを指します。

市場に出回る際より有利な価格で購入できること、また名高いワインが安定的に購入できることがメリットです。元々は、ボルドーの生産者たちが資金を早期に手に入れるために始めたプリムールですが、現在では毎春フランスのボルドー中を賑わせる、伝統的なイベントになっています。

通常であればブドウを収穫した翌年の4月にボルドー地方で開催されるテイスティングが、新型コロナウイルスの影響を受けて6月に後ろ倒しとなるなど、不安定な供給状況が続いているようですが、生産者を継続的に支援するとともに、ワイン愛好家の期待に応えたいとの想いにより、今年も販売に踏み切ったそうです。

2019年ヴィンテージの特徴

2019年ヴィンテージの特徴

Iakov Filimonov/ Shutterstock.com

2019年は、フランス・ボルドー地方の右岸・左岸エリアともに、例外的に優れたワインが揃いました。色調は深く、凝縮した果実を十分な酸が支え、艶やかで豊富なタンニンが骨格を整える構造です。

過去20年の蓄積による精緻を極めたボルドーの醸造技術によって、若くとも艶やかで滑らかな味わいながら、その裏に隠された凝縮した果実、酸、そして豊富なタンニンは長期熟成のポテンシャルを感じさせ、2010年・2015年・2016年に匹敵するヴィンテージと予測されています。

「TERRADA WINE MARKET」概要

・厳選されたインポーターと酒販店のみが出店
初心者でも購入しやすい1本3,000円程度のワインからオールドヴィンテージワインまで、幅広い価格帯のワインをラインナップ。

・「味わい検索機能」で自分好みのワインを探しやすく
味わいを表す「酸味」「甘味」「ボディ」と、ワインに特化した3軸から商品を検索可能。より効率的に自分好みの一本を探すことができます。

・購入から保管までワンストップで対応
購入したワインは「TERRADA WINE STORAGE ONLINE」にそのまま預け入れできるので、ワインセラーなどの保管環境を持っていない初心者でも悩むことなく、ワインショッピングを楽しむことができそうです。

<公式URL>
https://terradawine.com

「TERRADA WINE STORAGE ONLINE」概要

ワインの購入から保管、管理までをワンストップに行うことができます。記念日などに備えて1本だけ上質なワインを購入・保管したいという人から保管場所に困っているワインラバーまで、幅広いニーズに応える保管サービスです。

・月額90円で預けられる手軽さ
月額保管料金90円(税抜)/本(750ml)でワインを管理。14±1℃/70±10%というワインの熟成に適した温湿度、24時間監視システム・耐震耐火構造のセキュリティで、特別な記念日などの大切な一本のための長期熟成にも最適です。また、TERRADA WINE MARKETで販売している木箱(OWC:Original Wooden Case)付きのワインは、木箱ごと預け入れることも可能です。

・預けるだけでワインノートが完成
預けたワインは撮影および詳細データの登録が行われ、マイページ上に自分だけのワインノートが作成されます。飲み頃アラーム設定や、ワインのサーチエンジン「ワインサーチャー」とリンクして相場価格を表示させる機能もあり、資産管理のツールとしても有用です。

・当日配送も対応可能
入出庫はマイページ上で簡単に、好きな場所への配送設定が可能。要望に応じて、最短当日14:00までの依頼で17:00~19:00の配送(上限6本)が可能です。

<通常(最短翌日配送)>
1本:1,500円/箱
2~6本:1,800円/箱(750ml)
1本:1,800円/箱(1,500ml)

<当日配送>
1配送につき15,000円/箱

※東京都内8区、神奈川県一部のみ対応・表示価格は税抜

<URL>
https://terradawine.com/terradawinestorage/ja/

寺田倉庫

寺田倉庫

1950年創業。1970年代より開始したワインセラー事業は、保管環境の世界標準とされる「温度14±1℃、湿度70±10%」の温湿度設定管理に定評。

首都圏に4拠点(品川・天王洲、世田谷代田、二子玉川、都筑新石川)で醸造所の地下セラーのような空間を提供しているほか、「TERRADA WINE STORAGE ONLINE」、「TERRADA WINE MARKET」といったオンラインサービス、専属ソムリエによるワインコレクション形成サポートなど、幅広いサービスを展開。

株式会社徳岡

明治7年(1874年)創業。1980年代初頭よりヨーロッパワインの輸入を手掛け、国内有数のボルドーワインの輸入および卸、小売りを手掛ける商社。

<公式URL(2020年7月現在リニューアル中)>
http://tokuoka.co.jp/

ルグラン社 / Legrand & Co.

Legrand & Associes(ネゴシアン)、Legrand Filles & Fils(ワインショップ)、Vins Rares Peter Thustrup(ブローカー)を傘下に有し、フランスを中心に370の生産者と直接取引がある、1880年創業のパリの老舗ワイン商。

おすすめ情報

関連情報

ワインの基礎知識