ドライブスルーで和食名店のお味をテイクアウト〜日本酒にぴったり/霞町三〇一ノ一

ドライブスルーで和食名店のお味をテイクアウト〜日本酒にぴったり/霞町三〇一ノ一

最近の社会情勢から、飲食店ではテイクアウトできるお弁当やお料理がとても増えました。地元密着型のお店や普段予約がとれないような名店なども お値打ちにご提供されています。

  • 更新日:

テイクアウトでおうち時間をたのしんでみては

今日ご紹介する「霞町三〇一ノ一(さんまるいちのいち)オーナー渡辺ひと美さん」は、場所は西麻布にあり、普段は紹介制の和食店として知られる名店です。一番の話題は「ドライブスルー」でお弁当やお料理が買えること! 人気のお料理お重が 車から降りずに買えるのです(テイクアウトもウーバーイーツもあります) 。

素材にこだわりおいしさに定評があり、著名な方々からもご支持されていて、先日は食通としても知られる 俳優 高嶋政宏さんが、 4/7夕刊フジでご紹介されています。
三○一ノ一さんは、「どうすればおいしいお料理を味わっていただけるか」を第一に考え、即行動! もともとお弁当を出されていたわけではないですが、包材食材手配や試作、原価計算、チラシ制作、告知などの戦略もすごいですね。先日、私もどうしても外出しなくてはならない日があり、利用させていただきました。

旬のホタルイカと筍のご飯

旬のホタルイカと筍のご飯

買って帰ってきて、すぐにおうちごはん〜! 「和食に合わせるお酒はやっぱり日本酒かな〜」と持ち帰りしながらワクワクです。帰宅してすぐに、おいしくお酒をたのしむ時間に突入できるのは素直に嬉しい。感謝でございます。

日本酒と一緒に

お酒は、沢の鶴 山田錦「実楽(じつらく)」にしました。お米の産地は兵庫県三木市吉川町。そのなかでも「実楽」地域、特A地区とされているエリア。じつは2年前、現地にも伺った思い出の地でもあります。

希少な山田錦100%で仕上げられたおいしい特別純米酒。冷やでもおいしいですが、生酛独特のコクをたのしみたくて ぬる燗にしました。

希少な山田錦100%で仕上げられたおいしい特別純米酒

生酛独特のコクをたのしみたくて ぬる燗にしました

これが正解! おかずと相性ぴったりでした。とくに「大山鶏の串焼き」「極上百年の孤独豚の生姜焼き」などお肉との相性がぴったりだと思いました。旨みがいっそう広がるのです。お好みによりますが、35度〜40度ぐらい(人肌燗〜ぬる燗)がおいしく感じる適温な気がします。

「大山鶏の串焼き」「極上百年の孤独豚の生姜焼き」

監修者

里井真由美

里井真由美

フードジャーナリスト。
1級フードアナリストや米・食味鑑定士・きき酒師など多くの食資格を持つ。
世界の高級レストランから和食・デパ地下グルメスイーツなど幅広い分野で情報発信し、テレビ出演も多数。
現在、農林水産省 食料・農業・農村政策審議会委員、フードアクション・ニッポンアンバサダー。
農水省の甘味資源(お砂糖)の委員として国産砂糖やスイーツを応援する「ありが糖運動」も発足、活動中

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識