「IGPペイ・ドックワイン」は世界的に注目度が上昇中のフランスワイン

「IGPペイ・ドックワイン」は世界的に注目度が上昇中のフランスワイン
出典 : Africa Studio/ Shutterstock.com

「IGPペイ・ドック(Pays d'Oc IGP)」は、フランス南部のラングドック・ルーション地方で造られる“地ワイン”です。バリエーション豊富でコストパフォーマンスに優れたワインが次々と生み出され、世界的に注目度が高まっています。そんな「IGPペイ・ドックワイン」の魅力を紹介します。

  • 更新日:

「IGPペイ・ドックワイン」とはどんなワイン?

「IGPペイ・ドックワイン」とはどんなワイン?

kaband/ Shutterstock.com

「IGP」はワイン法における「地理的表示保護ワイン」のこと

フランスでは、EU加盟後もワインの品質を守るため、EU全体のワイン法をアレンジして、独自のワイン法を定めています。
これまで、フランスで生産されるワインは、このワイン法にもとづき、AOC(Appellation d'Origine Controlee)を筆頭とする4つの等級別カテゴリーに分類されていました。
2009年にEUの規定が変更されたことで、フランスのワイン法における格付けも変更され、現在は下記の3種類に分類されています。

【AOP(Appellation Dorigine Protégée】

「原産地呼称保護ワイン」と訳され、特定の産地で生産される上級ワインを指します。

【IGP(indication géograghique protégée)】

「地理的表示保護ワイン」と訳され、生産地域を表示できるテーブルワインを指します。

【Vin de Table(ヴァン・ド・ターブル)】

産地表示なしのテーブルワイン。

「IGPペイ・ドックワイン」はラングドック・ルーション地方の地ワイン

IGPのワインは、さらに産地ごとに分類されます。「IGPペイ・ドック」とは、フランス南部のラングドック・ルーション地方で栽培されたブドウで造られるIGPワインのこと。
かつてのワイン法では「ヴァン・ド・ペイドック」と呼ばれていましたが、2009年からの新規定により呼称変更となりました。

「IGPペイ・ドックワイン」の産地、ラングドック・ルーション地方とは

「IGPペイ・ドックワイン」の産地、ラングドック・ルーション地方とは

PAUL ATKINSON / Shutterstock.com

ラングドック・ルーション地方の気候とワイン造りの歴史

ラングドック・ルーション地方は、フランス南部、プロヴァンス地方の西に位置する、地中海に面したエリア。本来、「ラングドック」と「ルーション」は別々の産地ですが、隣接しているため一括りで扱われるのが一般的です。
ラングドック・ルーション地方は、地中海性気候の影響を受け、夏は雨が少なく、冬は温暖です。ブドウ栽培に適した気候のもと、古くからワイン造りが盛んでしたが、その多くは大量生産型で低価格なワインでした。

ラングドック・ルーション地方は“フランスの新世界”

ラングドック・ルーション地方のワイン造りが変化したのは、ここ数十年のこと。フランス国内でワインの質を重視する傾向が強まったことを受けて、大量生産型から品質追求型に転換しようとの機運が高まりました。
ボルドーやブルゴーニュなどと比べて地価が低く、細かい規定や特定の品種に縛られないワイン造りができるこの地に、自由なワイン造りに挑戦したい優秀な生産者が次々に移住。
現在では“フランスの新世界”と呼ばれ、個性豊かな優れたワインが次々と生み出される注目の生産地となっています。

「IGPペイ・ドックワイン」が世界で注目される理由

「IGPペイ・ドックワイン」が世界で注目される理由

Tero Vesalainen/ Shutterstock.com

「IGPペイ・ドックワイン」は豊かな個性とコスパの良さが魅力

ラングドック・ルーション地方で造られるワインは、近年、急速に品質が高まり、AOPに昇格するワインも少なくありません。しかし、なかには細かな規定に縛られることを嫌い、自由なワイン造りを行うため、あえてIGPとして造られている高品質なワインも多く存在します。
このため「IGPペイ・ドックワイン」は、個性豊かで高品質な味わいを、リーズナブルな価格でたのしめるワインとして、世界的に人気が高まっているのです。

コストパフォーマンスが抜群で多彩なワインをたのしめる「IGPペイ・ドックワイン」は、日本でも注目度が上昇中。進化を続ける「IGPペイ・ドックワイン」から、今後も目が離せません。

おすすめ情報

関連情報

ワインの基礎知識