カリブ海・バルバドス島のプレミアムラム「マウントゲイ」より、限定商品「ポットスチル・ラム」が新発売

カリブ海・バルバドス島のプレミアムラム「マウントゲイ」より、限定商品「ポットスチル・ラム」が新発売

レミー コアントロー ジャパンは、バルバドス島産のプレミアム・ラム「マウントゲイ」より、新商品「マウントゲイ ポットスチル・ラム」を2020年3月2日(月)より数量限定で発売開始します。

  • 更新日:

「ラム酒発祥の地」ともいわれるバルバドス島

LeahSamantha/ Shutterstock.com

カリブ海の西端に位置するバルバドス。歴史的にイギリスとの関係が深いこの島国は、一説にはサトウキビから作るラム酒の発祥の地とされています。そんなバルバドスには1703年に創業され、世界最古のラム蒸留所とも言われる蒸留所があります。

300年の伝統を誇る蒸留所「マウントゲイ」

300年の伝統を持ち「ラムを創造したラム」とも呼ばれるマウントゲイ。極上のサトウキビから得られる糖蜜と、島全体がサンゴ礁でできたバルバドスの地層によって濾過された純水から、柔らかく洗練されたラムが造られています。

単式蒸留器製の限定新商品「ポットスチル・ラム」

単式蒸留器製の限定新商品「ポットスチル・ラム」

今回限定商品として新たに発売される「マウントゲイ ポットスチル・ラム」は、ラムの伝統的な蒸留器「ダブル・レトルト・ポットスチル」で蒸留した原酒のみを使用。1703年から銅100%の連続式蒸留機が導入される1900年代初頭までポットスチルのみを使ってラムを造っていたマウントゲイの、先人へのオマージュともいえるエディションです。

マスターブレンダーのトゥルディアン・ブランカー氏は、膨大な数のサンプルをテイスティングし、最終的に2009年ヴィンテージの原酒に絞り込みました。そしてブレンド後、ウイスキーに使用した樽による6ヶ月の後熟でスパイスとローストナッツの風味を高め、しっかりとしたラムの強さを感じられるよう、アルコール度数は48%でボトリング。全世界で4,920本限定というスモールバッチ・アイテムを創り上げました。

マスターブレンダーのトゥルディアン・ブランカー氏は、膨大な数のサンプルをテイスティングし、最終的に2009年ヴィンテージの原酒に絞り込みました。そしてブレンド後、ウイスキーに使用した樽による6ヶ月の後熟でスパイスとローストナッツの風味を高め、しっかりとしたラムの強さを感じられるよう、アルコール度数は48%でボトリング。全世界で4,920本限定というスモールバッチ・アイテムを創り上げました。

<テイスティングノート>
色:美しいゴールデンアンバー、グラスを回すとレッグがゆっくりと流れ落ちる。
アロマ:あたたかいバタースコッチにリッチなモカとキャラメルが絡み合い、全体的にほのかなプラムが感じられる。
味わい:まずスパイス、その後ドライフルーツが感じられ、最後にダークチョコレート、オークへと続く。繊細でシルキーな舌ざわり。

トゥルディアン氏のコメント
「この商品の発売にあたり、正真正銘のポットスチル・ラムを紹介し、その複雑な香りと味が注目されることを願っています。職人の技を結集したラムが、どれほど繊細でバランスのとれたものになり得るのかを伝えたいのです」

商品詳細

<商品名>
マウントゲイ ポットスチル・ラム
MOUNT GAY POT STILL RUM

<容量>
700ml

<アルコール度数>
48度

<希望小売価格(本体)>
15,000円

<マウントゲイ 商品URL>
http://rcjkk.com/products/mountgayrum/

おすすめ情報

関連情報