【エンジェルリングの秘密】ビールにおいしい泡を作るグラスと飲み方

【エンジェルリングの秘密】ビールにおいしい泡を作るグラスと飲み方
出典 : YONGJU KWON / Shutterstock.com

「エンジェルリング」という言葉を聞いたことはありますか? エンジェルリングを意識しながら飲むと、同じビールでも、よりおいしくたのしめるかもしれません。今回は、エンジェルリングとビールのおいしさの秘密について紹介していきます。

  • 更新日:

エンジェルリングとはどんなもの?

エンジェルリングとはどんなもの?

Jalisko/ Shutterstock.com

エンジェルリングとは、ビールを飲んだ後のグラスに泡が残ったもの。一口、二口と飲み進めてビールが減っていくうちに、泡が木の年輪のようにグラスに付着した状態のことを「エンジェルリング」と呼びます。

ビールは、空気に触れることによって風味が損なわれていきます。ビールの泡は空気と直接触れないようにする役割を果たしていて、エンジェルリングができる泡持ちのよいビールは、それだけおいしいビールである証ともいえます。

一方で、グラスやジョッキにビールを注いだ際に、キメの粗い泡がたくさん出て、すぐに消えてしまうことがあります。これだと、ビールの風味が損なわれてしまい、エンジェルリングができることもありません。
その原因は、グラスに油分やホコリなどの不純物が残っているため。エンジェルリングが残っているグラスは、グラスの状態がよいという裏付けでもあるのです。

ビールにはジョッキ!だけではない。スタイルにあったグラスでおいしく!

エンジェルリングを作るにはグラスの管理が重要

エンジェルリングを作るにはグラスの管理が重要

s-ts/ Shutterstock.com

エンジェルリングのできるおいしいビールをたのしむためには、グラスやジョッキの管理が非常に重要です。洗浄方法や乾かし方、グラスの保管方法などを誤ってしまうと、きれいなエンジェルリングは完成しません。

まず、ビールのグラスやジョッキを洗う際、食器洗いで使用しているスポンジを併用するのはおすすめできません。ビールジョッキやグラスにとって油分は大敵。食器洗い用のスポンジには油分が付着しており、それがグラスに残ってしまう可能性が高いためです。グラスやジョッキを洗う際には、専用のスポンジで洗いましょう。

次に注意したいポイントが、洗浄後の水分の拭き取りです。結論からいうと、水分は拭き取るのではなく自然乾燥がベスト。布巾などの繊維がグラスに付着することもあるため、グラスを逆さの状態にして自然に乾燥させるのがおすすめです。

エンジェルリングのでき方は飲み方によっても変わる

エンジェルリングのでき方は飲み方によっても変わる

Ievgenii Meyer/ Shutterstock.com

エンジェルリングをきれいに残すには、グラスの管理だけでなく、飲む側も意識しなければならないポイントがあります。

まず、当然のことではありますが、エンジェルリングを壊さないよう、同じ飲み口から飲むことと。次に、泡そのものを飲みきってしまわないように、泡の下にあるビールだけを飲むことです。

また、食事の合間にビールを飲む場合は、唇に付着した油分も大敵。ビールの味を長くたのしみたいのであれば、口のまわりに付着した油分をこまめに拭き取るのもひとつのポイントです。

エンジェルリングができるのは、ビールとグラス、双方のコンディションが良好な証。キメの細かい泡によっておいしさが長く持続し、口当たりもなめらかです。今回、紹介した内容を参考に、ビールをよりおいしく味わってみてください。

おすすめ情報

関連情報

ビールの基礎知識