晩御飯が面倒な日はやっぱり鍋料理!「水餃子レタス鍋」

晩御飯が面倒な日はやっぱり鍋料理!「水餃子レタス鍋」

冬のメニューの定番といえば、やっぱり熱々の鍋料理。晩御飯を作るのが面倒くさいなという時も、ちょっとおつまみが欲しいなという時にも楽ちんな一品です。中でも、包丁を使わずにかんたんに出来ちゃう具材の組み合わせを紹介。合わせるお酒によって、味付けのアレンジもたのしんでみましょう!

  • 更新日:

このおつまみに合うお酒は…
ビール、日本酒、ワイン、ハイボール

仕事で疲れて帰った夜は、おつまみといえども鍋料理が楽ちん! 洗い物が少なく、熱々をそのまま食べられるのはうれしいですよね。今回は、包丁を使わない具材の組み合わせを紹介します。おいしいお酒とあったかおつまみでほっとなごむ時間を。〆にもうちょっと食べたいな、という時は、お餅を入れて雑煮風スープとするのもおすすめです。

【材料/1人分】
市販の餃子…5個 ※水餃子用じゃなくても大丈夫。冷凍やフライパンで焼くタイプでもOKです!
レタス…1/4個
もやし…1/3袋(約60g)
鶏がらスープの素…大さじ1
水…2カップ
ポン酢…適量
ラー油…適量

【作り方】
1.鍋に水、鶏がらスープの素を入れて、中火で沸騰させる。
2.沸いたら、餃子、もやしを入れて軽く煮て、餃子に火が通ったら火を止め、適当なサイズにちぎったレタスを加える。※レタスは余熱で火が通るので、加えるだけでOK。シャキシャキ歯ごたえをたのしんで!
3.お好みでポン酢やラー油をかけてどうぞ。

【コツ・ポイント】
●日本酒に合わせるなら、ラー油の代わりに柚子胡椒を。ワインに合わせるなら、鶏がらスープの素をコンソメに変えて、マスタードを添えてどうぞ。

ライタープロフィール

野口英世

料理研究家、フードコーディネーター、フードスタイリスト

おすすめ情報

関連情報