ハーブのお酒でぽかぽか花見 花冷えをカラダの中から温める、お花見にホッとひと息「ハーブのお酒」

ハーブのお酒でぽかぽか花見 花冷えをカラダの中から温める、お花見にホッとひと息「ハーブのお酒」

たのしいお花見シーズンですが、寒くて花見どころではなかった… 夜桜はキレイだけど寒すぎる…という経験は、きっと誰でもあるはず。 「楽酒+ハーブLife」の初回は、そんな花冷えを防ぎ、カラダの中から温める「ハーブのお酒」をご紹介します。

  • 更新日:

桜は満開、でもお花見シーズンは意外と寒い

桜が咲く頃は暖かい日もありますが、外に長くいたり、夜桜を見るにはまだまだ寒い。気候が不安定で冷たい風が吹くこともしばしば。「花冷え」「花曇り」という言葉があるように、この時期は意外と冷え込むのです。

たとえば、気象庁の発表によると、花見シーズンの東京・大阪の最低気温の平均は3月で4~6度、4月でも9~11度と真冬のような寒さ。外に長くいれば、カラダは冷えて体温は下がり、血流が悪くなってカラダの働きも鈍る。体温が1度下がると、カラダの基礎代謝は12~20%下がり、免疫力はなんと約30%も低下すると言われています。

しかも、この時期の最高気温と最低気温の寒暖差は約8~10度。カラダは体温調節にエネルギーを使い、自律神経が疲弊して体温の調節もうまくいかなくなるため、風邪をひいたり、ぎっくり腰や膀胱炎、神経痛などに悩んだりする人は、じつはこの時期がもっとも多いそうです。

花見の宴、花冷え対策に持っていきたい、カラダを温める「ハーブのお酒」。

お花見と言えば「まずはビール!」が定番ですが、とくに寒い日や夜桜のお花見には温かなお湯割りや、ホットワイン、熱燗などがうれしいですね。

そこでお花見酒におススメなのが、今回ご紹介する養命酒製造の健康のお酒シリーズ 「ハーブの恵み」と「琥珀生姜酒」、「高麗人参酒」といったリキュール。

養命酒で培った薬酒製法をベースに、温め効果のあるシナモンや生姜、クローブ、花椒、ブラックペッパーといった「温活スパイス」をプラスしたものが、この健康のお酒シリーズ3種。商品名にもある生姜や高麗人参をはじめ、厳選された東洋ハーブが12~13種ブレンドしてあり、じんわりカラダを温めてくれます。

「ハーブの恵み」、ひと工夫でさらにぽかぽか、お花見にカラダも喜ぶ「温活飲み」!

ぽかぽか花見におススメの飲み方は「温活飲み」の基本! お湯割りですが、お湯が持ち込めない場合に「楽酒+ハーブLife」一押しは、コンビニや自動販売機で手軽に買えるホットミルクティーやほうじ茶、ジャスミンティーなど温かいペットボトル飲料で割るホットカクテル! 何より簡単で、さまざまなお料理ともたのしめるうれしい逸品です。

最近では、保温に優れたタンブラーやステンレス製のマグボトル・水筒等もあるので、お湯をポットで持ち込みお湯割りにしたり、家で作ったホットワインなど温かいお酒を持参したり、さまざまなハーブのティーパックを使ってホットカクテルを作るもよし。仲間とワイワイ言いながら、寒さ知らず&おいしいお酒と共に桜を愛でるたのしさは格別です。どうぞ、ココロとカラダにうれしいお酒をご堪能ください。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識