J.S.A.ワインエキスパートって?ソムリエ同様ゴールド認定が進呈!

J.S.A.ワインエキスパートって?ソムリエ同様ゴールド認定が進呈!

ワインを飲むことが好きで、飲むだけでなくワインの歴史や製造工程などさまざまなことを知りたいと思っている人は多いのではないでしょうか? 自分の知識がどのくらいなのかを確認したり、よりワインの見聞を広げたりするために認定試験を受けてみるのはいかがでしょう?

  • 更新日:

J.S.A.ワインエキスパート、シニアワインエキスパートとは?

karelnoppe/ Shutterstock.com

ワインに携わる人の資質の向上とワインを中心とした飲料に関する知識の普及、サービス技術の向上などを行い、これらの事業を通じて食文化の向上やワインに携わる人の社会的な向上などを目的に設立された一般社団法人日本ソムリエ協会(以下J.S.A.)。

こちらでは、ワインに携わる人のために、講習会や研究会の開催などとともに、資格認定事業も行っています。レストランで、ワインを選ぶときに、適切なアドバイスやスムーズなサービスを行ってくれる「ソムリエ」も、J.S.A.の資格認定試験を経て認定されるものです。

ソムリエ認定試験は、アルコール飲料を提供する飲食サービスなどに通算3年以上経験し、しかも第一次試験日においてもこの職業についている人が試験を受けることができます。ただ、「ワインに詳しい」だけでは受験することはできません。

一方、ワインに携わる職業についていなくても受験が可能なのが、J.S.A.ワインエキスパート、シニアワインエキスパート認定試験です。

認定試験とはどんなもの?

Africa Studio/ Shutterstock.com

J.S.A.ワインエキスパートは、職種や経験は不問です。酒類、飲料、食全般の専門的知識、テイスティング能力を持っていれば、受験することができます。

試験は、二次まであります。一次試験は、指定の教本より問題が出題されます。二次試験は、テイスティングと論述試験を行います。シニアワインエキスパートも二次までですが、問題がより難解になります。ワインエキスパート・シニアワインエキスパートともに、テイスティングなど自分ひとりでは受験対策できない場合は、J.S.A.の講座を受けてみるとよいでしょう。講座では、筆記試験の対策からワインのブラインドテストも行います。

試験に合格すると、ソムリエ同様にゴールドの認定バッジが進呈されます。職種や経験は不問といっても、試験はかなり本格的です。試験対策したうえで、ぜひチャレンジしてください。

おすすめ情報

関連情報

ワインの基礎知識