知っておきたい!ワインを楽しむ素敵なマナー

知っておきたい!ワインを楽しむ素敵なマナー
出典 : Africa Studio:/ Shutterstock.com

  • 更新日:

ボトルの持ち方から気をつけたい

wavebreakmedia/ Shutterstock.com

高級レストランではソムリエがワインを注いでくれますが、ホームパーティーなどではホストがワインを注ぐことになります。堅苦しく考える必要はありませんが、ゲストをスマートにもてなすためにも、ここで正しいワインの注ぎ方をしっかり押さえておくのもいいでしょう。

まずボトルを持つときは、ボトルに手の温かさが伝わらないよう、清潔なナプキンでボトルを包みます。持つ場所は、ボトルの底か下部が基本。ソムリエはボトルの底のくぼみに指を固定して片手で持ちますが、開けたてのボトルはかなり重く、女性が片手で持つのは大変です。両手でボトルを支えてもマナー違反ではありませんので、自信がないときはしっかり両手で持ちましょう。

ワインを注ぎ入れるときもスマートでいたい

Africa Studio/ Shutterstock.com

ワインを注ぐときには、ラベルが上を向くようにし、ワインが泡立たないようゆっくりとグラスに注ぎます。この際、ボトルとグラスが接触しないように注意しましょう。

グラスに注ぐ量は、だいたいグラスの4分の1から3分の1くらい。ワイングラスの一番膨らんでいる部分を目安にしましょう。グラスに注ぐ量が多すぎると香りがたのしめませんし、少なすぎると温度が変化しやすくなってしまいます。

注ぐときは、ボトルを一気に傾けず、少しずつ傾けるのがポイントです。勢いよく傾けてしまうと、ワインが飛び散ってグラスやテーブルを汚してしまったり、多く注ぎ過ぎてしまうことにもなりかねませんので注意が必要です。

注いだ後は、注ぎ口を上にひねるようにすると、液だれを防ぐことができます。最後に注ぎ口をナプキンで軽く拭くと、スマートですよ。

ワインの注ぎ方、参考になりましたか? ちょっとしたひと手間で、ワインの注ぎ方は洗練されて見えます。自宅でワインを振るまうときに、ぜひ試してみてくださいね。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識