入門編! 甘口ワインと辛口ワイン、初心者にもすぐわかるもの?

入門編! 甘口ワインと辛口ワイン、初心者にもすぐわかるもの?

  • 更新日:

そもそも、甘口と辛口とは?

Minerva Studio/ Shutterstock.com

そのワインが「甘口」か「辛口」か。それはワイン選びにおける大切なポイントですが、ボトルを見ただけではワインの甘口、辛口の判断が難しいのではないでしょうか。そこで今回はワインの甘口、辛口にはどのような味の違いがあるのか、また甘辛をどのように判断すればよいのか紹介します。

ワインにおける辛口は、甘味の少ないスッキリとした味わいです。ワインの辛口とは、本当に辛いのではなく、基本的に「甘くないもの」を辛口と表現しています。例えば、普通の水と砂糖水を比べてみて、普通の水を飲んで辛いと思わなくても、甘い砂糖水に比べると甘くないので、普通の水は辛いと表現するようなイメージです。甘口は甘味をまろやかに感じる程度の控えめなものから、はっきりと甘味を感じる極甘口まであります。

甘口と辛口を判断する決め手

Cory Woodruff/ Shutterstock.com

ところで、ワインは何をもって甘口と辛口に分けられるのでしょうか。
先述したとおり、辛口といってももちろん香辛料が加えられているわけではありません。それどころか、まったく同じブドウ品種から甘口から辛口まで造ることができます。では、どこが甘口、辛口の決め手となるのでしょう。

ワインは、ブドウの果皮などに含まれる酵母菌が果実の糖分を食べることでアルコール発酵が起き、お酒となります。その酵母菌が糖分を食べ切ってしまえば甘味のないワイン、つまり辛口ワインとなります。

また、途中で酵母菌の働きを抑えて糖分を残せば甘味のある甘口ワインとなります。つまり、甘口か辛口かどうかは、ワイン中の糖分の残量で決まります。
醸造技術が発達している現代では、酵母の働きを熱で抑えたり、遠心分離で取り除いたりすることができるため、甘辛度をある程度調整することができるのです。

データで示すドイツの甘口と辛口

stockvideoshooter/ Shutterstock.com

ドイツ産の一部のワインには、糖度のランクや辛口であることを示した表記があります。
糖度が低いものから高いものへとランクは6段階あり、
・カビネット(Kabinett)
・シュペトレーゼ(Spatlese)
・アウスレーゼ(Auslese)
・ベーレンアウスレーゼ(Beerenauslese)
・アイスヴァイン(Eiswein)
・トロッケンベーレンアウスレーゼ(Trockenbeerenauslese)
に分類されます。

トロッケンベーレンアウスレーゼは貴腐ブドウを用いた極甘口ワインであり、アルコール度数は5.5%程度しかなく、世界三大貴腐ワインのひとつとされているほどの貴重なワインです。

一方、トロッケン(Trocken)とは辛口という意味で、このトロッケン(Trocken・辛口)やハルプトロッケン(Halbtrocken・中甘口)と表記されたものは辛口のワインになります。
ちなみに、フランスのシャンパーニュ地方で造られるシャンパンもまた、ドイツワインのように甘辛度が表記されています。

すべてのワインが上記のドイツ産ワインやシャンパンのように甘辛度が明記されているならわかりやすいのですが、なかなかそうはいかないのが現実。開けてみなければわからないのもワインの魅力のひとつと捉え、甘辛を予測しながらの飲み比べもまたたのしみのひとつかもしれません。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識