世界最古のワイン文化を持つブルガリアのワイン『ロゴダジ』の魅力

世界最古のワイン文化を持つブルガリアのワイン『ロゴダジ』の魅力

ヨーロッパの南東部、バルカン半島に位置するブルガリア共和国。ブルガリアと聞けば、まず「ヨーグルト」を思い浮かべる人が多いかと思いますが、ワインの生産国としても知られていて、何を隠そう世界最古のワイン文化を有しているのです。そのブルガリアワインの歴史とともに、新進気鋭のワイナリー『ロゴダジ』を紹介します。

  • 更新日:

紀元前にブドウ栽培に適した風土で、トラキア人がワインを醸造したのが始まり

ブルガリア人の祖先にあたるトラキア人の文明は、紀元前1000年~800年にかけて古代ギリシャ文明と同時期に存在。もっとも古いワイン造りを行っていたとされる古代ギリシャ人がトラキア人のワイン醸造技術を記録として残していることから、ブルガリアは世界最古のワイン生産国の一つと言われています。

当時トラキア人がワインを醸造していたことは文献として残されているほか、黄金製のワインカップも多数出土しており、この史実を裏付けています。

1960年代になって、カリフォルニアからワイン醸造の最新設備や技術、国際ブドウ品種がブルガリアに伝わり、リーズナブルで高品質なワインが醸され、世界中へと輸出され始めました。じつは70年代の日本の国産ワインの70%が、この良質なブルガリアワインを原料に用いていたのです。現在では約250のワイナリーが存在。生産量の70~80%が輸出されています。

「ストゥルマ谷南西部」にありトップ10の生産量を誇る『ロゴダジ』

ブルガリアのワイン産地は大きく5つ。その中でももっとも西、首都ソフィアから少し南下した地域にあるのが「ストゥルマ谷南西部」。緯度はワイン大国イタリアのローマ、近年その希少なワインで注目されているグルジア(ジョージア)とほぼ同じと記せば、ワインへの期待が高まってくることでしょう。

ワイナリー『ロゴダジ』は、1994年このストゥルマ谷南西部に誕生。現在では年間約350万本ものワインを生産し、ブルガリア国内生産量のトップ10に入っています。

豊かな味わいのワインを醸す

新しく現代的なワイナリーであるロゴダジの醸造コンセプトは、奥行きと複雑さを表現すること。この哲学のもとで産声を上げたワインは、果実の凝縮感とバランスの取れた豊かな味わいで飲む人を魅了しています。

さらに土地の個性や特徴をワインに活かすため、収穫されたブドウは畑ごとに分けて発酵させることを徹底。ブルガリアのワインを多くの人々に知ってもらう試みの一つとして、黒ブドウ品種のメルニクなど固有品種を世界中に広めることにも力を入れています。

芸術的なワインを創る醸造家

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識