『セグラヴューダス』が叶えてくれる 美味しい“泡”をふだん使いする贅沢!

『セグラヴューダス』が叶えてくれる 美味しい“泡”をふだん使いする贅沢!

“泡”のある食卓はとても優雅。ビールもハイボールも悪くないけど、やっぱりワインの“泡”。シャンパーニュがあれば最高ですが、日常飲みで高価なシャンパーニュを開けるのはちょっと・・・という現実も。そこでおすすめなのがリーズナブルなスパークリングワイン。『セグラヴューダス』は、じつは素晴らしいポテンシャルを秘めた1本でした。

  • 更新日:

シャンパーニュと同じ瓶内二次発酵方式を採用

スペインは、“カバ”と呼ばれるスパークリングワインの生産で知られていて、『セグラヴューダス』も然り。世界中で生産されているスパークリングワイン、その製法は様々ですが、二次発酵という“泡”を発生させる段階で大まかに分類できます。

リーズナブルなスパークリングワインは、大きなタンクで二次発酵を行い、発泡したワインを瓶詰めするケースが多い一方で、フランスのシャンパーニュ地方では、それぞれの瓶の中で二次発酵を行って発泡ワインを醸造。こうしてできた発泡ワインがシャンパーニュと呼ばれているのです。

スペインのカバは、この瓶内二次発酵方式を採用。発酵の際に発生する滓(おり)を瓶口に集めて取り除く作業を行うため、瓶口が下に向くような専用の台で熟成させています。まさに写真の熟成庫のシーンは、カバが瓶内二次発酵を実践している証しなのです。

『セグラヴューダス』のカバはスタンダードでも上級クラス

スペインのワインに関する法律では、この瓶内熟成期間を最低9カ月取らないと、カバの名称を名乗れないことになっています。もちろん『セグラヴューダス』のカバもその基準をクリアしていて、キャップに“CAVA”のシールが貼られていますが、ここに驚くべき事実が隠されていました。

こちらが、9カ月以上熟成したものに貼られるシール。先の『セグラヴューダス』のものとは、色や文字が明らかに異なっています。

『セグラヴューダス』に貼られていたのはこちら。若草色で“RESERVA(レゼルバ)”と記されているのがお分かりになるでしょうか。

レゼルバとは15カ月以上の熟成期間を経たカバに与えられる称号で、ワンランク上の味わいを持つことを意味していますが、『セグラヴューダス ブルートレゼルバ』(ブルートは辛口の意)は、『セグラヴューダス』の中で、もっとも気軽に親しんでいただけるスタンダードクラスと位置付けています。スペインのカバ総生産量の10%しか存在しないレゼルバが、日常飲みできる価格で販売されているのです。

ちなみにこの15カ月以上という熟成期間はシャンパーニュと同じ。そう『セグラヴューダス ブルートレゼルバ』は、製法も熟成期間もシャンパーニュとまったく同じなのです。このポテンシャルの高いカバをふだん使いできるのは、泡好きにはたまりませんね。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識