「サバ味噌マヨグラタン」は、缶詰を使って簡単にできるおつまみ

「サバ味噌マヨグラタン」は、缶詰を使って簡単にできるおつまみ

【簡単おつまみレシピ】今回は、和食の定番「サバ味噌」の缶詰を使用した和風グラタンの作り方を紹介します。和風といっても、同じ発酵食品のチーズが加わるのでバゲットなどにも合いますよ。もちろんお酒のおつまみにもぴったり。ビールや日本酒、ワインに合わせるアレンジのコツも参考にして!

  • 更新日:

味噌とチーズの好相性が生み出す和風グラタン

買い置き食材の缶詰を使って、手軽におつまみを作ってみましょう。今回は、「サバ味噌」のメニューをイメージして、サバ味噌缶、長ねぎを耐熱皿に入れて焼くだけの簡単グラタンを紹介します。味付けも缶詰の汁とマヨネーズだけなので、料理初心者の方でも失敗はありませんよ。

和風の缶詰を使用しますが、味噌とチーズは発酵食品同士、おいしさの相乗効果が期待できるので、チーズを加えることで、バゲットなどを添えて食べるのもおすすめ。おうちに缶詰があったら、ぜひ試してみてくださいね。

サバ味噌マヨグラタンの材料と作り方

【材料/2人分】

サバ味噌缶…1缶(150g)
長ねぎ…1/2本(正味30g)
マヨネーズ…大さじ2
ピザ用チーズ…30g

【作り方/15分】

【1】長ねぎは斜め薄切りにする。サバ味噌缶は具と汁に分ける。

【2】耐熱の皿に、ほぐしたサバ味噌缶の具と長ねぎを混ぜるようにして広げる。

【3】サバ味噌缶の汁とマヨネーズを混ぜて、【2】へ回しかける。その上にピザ用チーズをふる。

サバ味噌マヨグラタンの材料と作り方

味付けは、サバ味噌缶の汁とマヨネーズだけでOK。

【4】オーブントースターでチーズにこんがり焼き色がつくまで焼いて(目安は8〜10分ほど)出来上がり!

【アレンジ】

アレンジするなら、小さめにカットした餅を加えてボリュームアップしてみましょう。満足感が加わって、ランチなどにもおすすめのメニューです。

サバ味噌マヨグラタンの材料と作り方

味噌とチーズ、餅の組み合わせが絶妙で、食べ応えもありますよ。

お酒に合わせた、サバ味噌マヨグラタンのアレンジ

ビールに合わせるなら

黒胡椒をたっぷりふって食べましょう。

日本酒に合わせるなら

すりおろし生姜を加えたり、山椒をきかせたりしても。

ワインに合わせるなら

チーズをモッツァレラに代えてもよいですね。

ライタープロフィール

野口英世

料理研究家、フードスタイリストとして、テレビや雑誌、新聞、広告などで活躍中。無理や無駄のない、作り手重視の効率的なレシピとスタイリングアイデアが人気となっている。近著は「turkフライパンクックブック」「使いやすい台所道具には理由がある」(共に誠文堂新光社)など。

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事