「トマトおでん」は、丸ごとトマトが目をひくオシャレおつまみ|おつまみレシピ

「トマトおでん」は、丸ごとトマトが目をひくオシャレおつまみ|おつまみレシピ

【簡単おつまみレシピ】トマトが冷蔵庫にあったら、いつもと違う調理法にチャレンジして煮物(おでん)を作ってみましょう。トマトを丸ごと使うので、色鮮やかでインパクトがあるおつまみになりますよ。ビールや日本酒、ワインに合わせるアレンジのコツも参考にして!

  • 更新日:

トマトおでんは、煮汁で皮をむくのが楽に作るポイント

今回は、丸ごとのトマトがインパクト大なトマトの煮物(おでん)を紹介します。事前に湯むきをせず、煮汁を使って皮をむいていくので、思っているよりも楽に作れますよ。

トマトといっしょにソーセージやじゃがいもなどを煮込めば、和風ポトフになります。そして、お餅を加えれば、変わり雑煮にもなります。もしスープが残ったら、そこへ溶き卵を加えて、かき玉スープにするのもおすすめ。トマトの酸味でさっぱり食べられ、クセになるおいしさです。

トマトおでんの材料と作り方

【材料/2人分】

トマト…3〜4個 ※中サイズ
白だし…50ml
水…450ml
片栗粉…大さじ1 ※水…大さじ2と合わせて溶いておく
かいわれ大根や小ねぎ…適量

【作り方/20分】

【1】トマトのヘタをとり、薄皮(丸い部分)に、包丁で十字に軽く切り込みを入れる。

【2】白だしと水を入れた小鍋を中火にかける。沸いたら、トマトを加えて軽く転がす。薄皮がめくれてきたら、お玉を使って鍋から取り出し、トングなどを用いて薄皮をむく。トマトを鍋に戻して、15分ほど中〜弱火でゆっくり煮る。

トマトおでんの材料と作り方

作り慣れてきたら、鍋の中で薄皮をむくこともできますが、その時は必ず火を止めて、火傷に注意しながら作業してください。

【3】水溶き片栗粉で軽くとろみをつけたら、器にトマトと汁を盛り付け、お好みでかいわれ大根や小ねぎを添えて出来上がり!

【アレンジ】

アレンジするなら、ブロッコリーやソーセージなどを加えて煮込んだ野菜おでん(和風ポトフ)を。色や食感を生かしたい野菜は、時間差で加えてください。

トマトおでんの材料と作り方

和風ポトフにすれば、彩りも鮮やかに食べ応えがアップしますよ。

お酒に合わせた、トマトおでんのアレンジ

ビールに合わせるなら

熱々のおでんにピザ用チーズをトッピングし、とろけるチーズと召し上がれ。

日本酒に合わせるなら

針しょうがを添えてみましょう。

ワインに合わせるなら

仕上げにレモンの皮のすりおろしとオリーブオイルをふりかけて。

ライタープロフィール

野口英世

料理研究家、フードスタイリストとして、テレビや雑誌、新聞、広告などで活躍中。無理や無駄のない、作り手重視の効率的なレシピとスタイリングアイデアが人気となっている。近著は「turkフライパンクックブック」「使いやすい台所道具には理由がある」(共に誠文堂新光社)など。

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事