食感がおいしい秋ナスのおつまみ 「翡翠(ひすい)ナスの冷やし鉢」

食感がおいしい秋ナスのおつまみ 「翡翠(ひすい)ナスの冷やし鉢」

【カンタンおつまみレシピ】 旬の秋ナスを使って、食感が魅力のおつまみを作ってみましょう。作り方はカンタン、皮をむいたナスに片栗粉をまぶしてゆでるだけ。表面に透き通ったツヤ感が出て、つるんとしたのどごしに変身しますよ。翡翠色(うす緑色)が美しい一品をぜひたのしんでみてください。

  • 更新日:

このおつまみに合うお酒は…
ビール、日本酒、ワイン、焼酎、ハイボール

秋ナスのおいしい季節、いつもと違った味わい方でナスをたのしんでみませんか。この料理は、なんといっても食感が魅力です。皮をむいて、片栗粉をまぶしてゆでるだけで、翡翠色(うす緑色)が美しい、つるんとしたのどごしのナスに変身します。今回は生姜がほんのりきいた、だし醤油味で紹介しますが、時間がない日は市販のポン酢醤油やめんつゆをかけるだけでも良いですよ。

【材料/1~2人分】
ナス…1本(100g)
片栗粉…大さじ2
すりおろし生姜…少々
だし…50ml
うす口醤油…小さじ1
塩…少々
大葉…1枚
みょうが…1/3個

【作り方/15分 ※冷やす時間を除く】
1.ナスはヘタを切り落とし、皮をピーラーでむいてから、乱切りにする。水をはったボウルに放って5分ほど置き、あく抜きする。
2.鍋にたっぷりの湯を沸かす。ナスは水気を切り、片栗粉を薄くまぶしてゆでる。ナスの表面に透き通ったツヤ感が出て、翡翠色(うす緑色)になったら、水をはったボウルに取り出して粗熱をとる。
3.ボウルにだし、すりおろし生姜、うす口醤油、塩を入れ、水気を切った「2」のナスを加えて混ぜ、食べるまで冷やす。
4.器に盛り付け、千切りにした大葉やみょうがを添えて出来上がり!

片栗粉をまぶすだけで、お店で出てくるような見た目と食感に!

【コツ・ポイント】
●ビールに合わせるなら、すりおろしニンニクやゴマ油を加えてナムル風味に。日本酒に合わせるなら、湯むきしたミニトマトやさっとゆでたオクラといっしょに作ってもOK。
●アレンジするなら、細切りにしたナスで「翡翠ナス麺(梅風味)を」。ピーラーで皮をむいたナスは細切りにして、片栗粉を薄くまぶしてゆでます。市販のストレートめんつゆに叩いた梅干しを加え、翡翠ナス麺にかけてさっぱりと味わってみてください。

梅のさっぱりとした味わいがクセになる「翡翠ナス麺(梅風味)」。

ライタープロフィール

野口英世

料理研究家・フードスタイリスト

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事