ワインは理屈抜きでたのしむことが一番!知識より自分だけのたのしみ方がわかる指南書「ワインの噓」

ワインは理屈抜きでたのしむことが一番!知識より自分だけのたのしみ方がわかる指南書「ワインの噓」

大和書房(東京都文京区)が、不毛な「ワイン信仰」を捨て、好きなようにワインをたのしむための本「ワインの嘘」(宮嶋 勲著)を発売。

  • 更新日:

「ワインは好きだけど、よくわからない」人へ

不毛な「ワイン信仰」を捨て、好きなようにワインをたのしむための本、として発売された「ワインの嘘」。

著者である宮嶋 勲氏は、「ワイン好きには「ワインについて何も知らないので」と恥じ入る人もいるが、そもそもそれはおかしいのでは」、また「ワインは理屈抜きで自由にたのしめるものではないか」と考え、本書を執筆しています。

確かに、ワインについて「たのしむには知識がいる」、「わかる必要がある」といった奇妙な思い込みが、なぜか幅を利かせていると密かに感じている人は少なくないかもしれません。

改めて「好きなようにワインをたのしむ」というのは、どういったことなのでしょうか。気になる本書の内容を少しだけ紹介します。

誰も教えてくれなかった、ワインの自由なたのしみ方がわかる

誰も教えてくれなかった、ワインの自由なたのしみ方がわかる

「間違う自由」を謳歌しよう

ワインに関するやマナーが招く最大の弊害は、ワインを心おきなく楽しめなくなることである。
いつも思い出すのは有名な落語のそばつゆのエピソードだ。蕎麦の食べ方にうるさい江戸っ子がいて「そばはつゆをたっぷりつけてしまったら、香りがわからなくなるから、一寸か二寸だけつゆをつけてさっと食べる。それが粋ってもんだ」と講釈を垂れていたが、死ぬ前に「なにか、思い残すことはないか」と尋ねる友人に「一度でいいから、そばに、つゆをたっぷりつけて食べたかった」と告白したという話だ。
蘊蓄に縛られなければ、つゆをたっぷりつけて食べてみて、満足することができただろう。一度つゆをたっぷりつけてみたら、やはりこれは辛すぎるとこりて、自主的に端だけつける「粋な」やり方に戻っていたかもしれない。ただ、変な見栄が「一度間違ってみる」という自由を奪ったのだ。
ワインの飲み方を一度や二度しくじったところで、傷は小さい。人の言うことを信じるよりも、自分で間違ってみることの方がはるかに有意義である。

出典 https://prtimes.jp

「いつものワイン」を持てる幸せ

イタリアにおけるワインはまさに日常に溶け込んだ庶民的な飲み物であった。昼食、夕食を問わず、食卓には必ずあるものだったし、食事の一部であった。アルコール飲料という意識すらなく、日本で言えば番茶のような位置づけであった。
日本人でも食卓に出される番茶に際立った高品質を求める人は少ないように、イタリアでもワイン自体の香り、味わい、品質に対する要求は高くはなかった。食事に寄り添い、食事をより美味しく感じさせてくれればそれで十分と考える人がほとんどであった。
際立った香りや味わいを持つわけではないが、どんな料理にも合い、飲み飽きしないワイン。このようなワインが私は今でも大好きだ。

出典 https://prtimes.jp

あくまで個人的な感想になりますが、本の内容に少し触れただけでも、何かがすっと軽くなったような、そしてワインのたのしみかたがこれまでとは違ってくるような、そんな気持ちにさせる一冊です。気になった方は是非チェックしてみてください。

書籍概要

書籍概要

書名:ワインの噓
著者:宮嶋 勲
出版年月日:2021/8/21
判型・ページ数:四六・256ぺージ
定価:1760円(税込)

>>書籍ページ

目次

はじめに――「ワインの嘘」に惑わされず、本質を楽しもう
第1章 ワインに教養はいらない
第2章 自分だけの楽しみ方を見つける
第3章 とっておきの一本と出会う
第4章 味わいの向こうに見えるもの
第5章 楽しむのに知っておくといいこと
おわりに――幸せな時間を与えてくれるものこそ、最高のワイン

著者略歴

宮嶋 勲(みやじま・いさお)

ジャーナリスト。1959年京都生まれ。東京大学経済学部卒業。1983年から1989年までローマの新聞社に勤務。
1年の3分の1をイタリアで過ごし、イタリアと日本でワインと食について執筆活動を行う。
イタリアでは2004年から10年間エスプレッソ・イタリアワイン・ガイドの試飲スタッフ、ガンベロ・ロッソ・レストランガイド執筆スタッフを務める。現在「ガンベロ・ロッソ・イタリアワインガイド」日本語版責任者。
日本ではワイン専門誌を中心に執筆するとともに、ワインセミナーの講師、講演を行う。
BSフジのTV番組「イタリア極上ワイン紀行」の企画、監修、出演を務める。

著書に『10皿でわかるイタリア料理』『最後はなぜかうまくいくイタリア人』(日本経済新聞出版社)、『イタリアワイン』(ワイン王国)など。
2013年にグランディ・クリュ・ディタリア最優秀外国人ジャーナリスト賞受賞。
2014年、イタリア文化への貢献により“イタリアの星勲章”コンメンダトーレ章(Commendatore dell’ Ordine della Stella d'Italia)をイタリア大統領より授与。

※今回お届けした情報は記事執筆時点のものです。ご利用の際は状況が異なる場合がありますのでご注意ください

おすすめ情報

関連情報

ワインの基礎知識