日本ビール検定(びあけん)の過去問に挑戦! 【3級 vol.3】回答と解説編

日本ビール検定(びあけん)の過去問に挑戦! 【3級 vol.3】回答と解説編

日本ビール検定(びあけん)の過去問題はいかがでしたか? 回答と解説で検定に備えるとともにビールの知識を深めてくださいね。

  • 更新日:

問1 ビールの原料

問題

麦の種子を発芽させ、高温で乾燥させたビールの原料を何というか、次の選択肢より適切なものを選べ。(2012年)

(a) 麦麹
(b) 麦芽
(c) 麦粉
(d) 麦種

正解

(b) 麦芽

解説

基本問題です。大麦を発芽させて“麦芽”をつくる工程を「製麦」といいます。大麦の中のデンプンを糖に分解する酵素をつくったり、大麦の成分を酵素で分解されやすい状態に変化させたりするのが「製麦工程」です。製麦という名称や目的と共に覚えておきましょう。

問2 ビールにゆかりがある観光名所

問題

1885(明治18)年創業のジャパン・ブルワリー・カンパニーの経営陣で、長崎の邸宅が今日でも観光名所であるのは誰か、次の選択肢より選べ。(2016年)

(a) シーボルト
(b) トーマス・グラバー
(c) 岩崎 弥之助
(d) 大倉 喜八郎

正解

(b) トーマス・グラバー

解説

キリンビールが発売される3年前の1885(明治18)年にジャパン・ブルワリー・カンパニーが設立されました。株主や経営陣には、長崎のグラバー邸で有名なトーマス・グラバーや三菱財閥の岩崎弥之助などが名を連ねました。

問3 ビールを使ったカクテル

問題

ビールをつかったカクテルを、次の選択肢より選べ。(2015年)

(a) キール・ロワイヤル
(b) シャンディガフ
(c) スプモーニ
(d) マルガリータ

正解

(b) シャンディガフ

解説

シャンディガフは、ビールとジンジャーエールを1:1で割ったビールベースの定番カクテルです。生姜の風味が爽やでビールの苦味も柔らかな味わいが特徴です。ちなみにキール・ロワイヤルは、シャンパン(もしくはスパークリング・ワイン)とカシス・リキュールで作るカクテル。スプモーニは、カンパリにグレープフルーツジュースとトニックウオーターで作るカクテル。マルガリータは、テキーラにホワイト・キュラソーとレモンジュース(もしくはライムジュース)で作るカクテルです。

おすすめ情報

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事