【動画レシピ】豚ときのこのコク旨炒め×純米酒

【動画レシピ】豚ときのこのコク旨炒め×純米酒

関西では、酒のつまみ、酒肴のことを“アテ”と言います。ササッと作れる、白鹿の酒に合う“アテ”のレシピを動画にしました。今回は『豚ときのこのコク旨炒め×純米酒』。ウスターソースとテンメンジャンだけで仕上げたソースの複雑な味わいと、辛口の日本酒との相性をおたのしみください。

  • 更新日:
  • sponsored by 辰馬本家酒造株式会社

椎茸の旨みを閉じ込めた『豚ときのこのコク旨炒め』辛口の純米酒によくあいます

豚肉と椎茸の炒め物をオリジナルソースでコク深く仕上げた、お酒のアテにぴったりの一品。

ポイントは、椎茸を良質な油で触らずにじっくり焼いて旨みを閉じ込めること。ウスターソースとテンメンジャンだけで複雑な味わいに仕立てたソースが全体をまとめます。青ネギを添えることでよりいっそうおいしくなるので忘れずに。

キレのよい辛口の純米酒を合わせて、料理とお酒、お互いのおいしさを引き立て合う相性をお楽しみください

レシピと作り方

監修:食研究家 石井 達也・石井 裕加

【材料/2~3人分】

豚バラ薄切り…160g
生椎茸…3枚
青ネギ…2本

[調味料 A]
テンメンジャン(中国甘みそ)…大さじ1
ウスターソース…大さじ1
太白ごま油(もしくはサラダ油)…大さじ2

【作り方】

【1】 生椎茸はキッチンペーパーで汚れをはたき、軸を取り除いて、かさを放射線状に8等分に切る。青ネギは小口切りにしておく。

【2】 豚バラ薄切り肉160gは、ひと口大に切る。

【3】 [調味料 A]を混ぜ合わせておく。

【4】 熱したフライパンに太白ごま油を引き、【1】の生椎茸を入れて触らずそのまましばらく焼く。きつね色になったら裏面に返し、全体に焼き色を付けて取り出す。

【5】【4】のフライパンに【2】の豚バラ肉を入れて炒める。全体に色が変わったらフライパンの余分な脂をキッチンペーパーで拭き取り、【4】の椎茸を戻し入れて【3】のソースを加え煮絡める。

【6】【5】を器に盛り付け、【1】の青ネギを散らして完成。

この料理にオススメのお酒はコレ!

黒松白鹿 ひやおろし 辛口 純米

春先にしぼってひと夏熟成させることで、深みのある余韻が口の中に広がる、さわやかな酸味が特徴の辛口純米酒です。よく冷やすことで、すっきりキレのある味わいもお楽しみいただけます。

黒松白鹿 ひやおろし 辛口 純米

出典:辰馬本家酒造株式会社

辰馬本家酒造 商品ページはこちら

関連情報

日本酒の基礎知識